協奏曲 通販レコード

ウィーンのエレガンス★エリカ・モリーニ、ロジンスキー指揮ロイヤル・フィル◯ブラームス・ヴァイオリン協奏曲

通販レコードのご案内 ウィーンの気品。典雅で上品なヴァイオリンの音色。

NL WESTMINSTER PWS705 エリカ・モリーニ ブラームス・ヴァイオリン協奏曲《ブルーラベル、オランダ盤》NL WESTMINSTER PWS705 エリカ・モリーニ ブラームス・ヴァイオリン協奏曲 名器ガダニーニを巧みに操るアメリカの女流バイオリニスト、エリカ・モリーニ。オーストリア併合によるナチスによる迫害から逃れてアメリカに渡ったモリーニはアメリカに渡っても、古典の作品を中心としたレパートリーを磨き上げキャリアを積んでゆく。
 男性顔負けの雄大さとおっとりした感じの弾き方で、この個性は慣れるとすぐにエリカ・モリーニだとわかるくらいの個性がある。ウィーンのエレガンス、上品な音色がするというのは、そのことで、女性特有のと、表現すると彼女の演奏を古式蒼然たるイメージに陥れてしまうおそれがある。録音こそ古臭いので、現代では萬人に薦めるのは気兼ねするところがありますが、時代背景を分かっている方には問題ない。Decca で録音してくれていれば、もっと良かったと望むところはきりがない。
 また、カデンツァには、今日あまり弾かれることがないヘールマンのものが使用されている。このカデンツァの部分だけでも、今日のヴァイオリニストとは違う印象だ。ちなみに、良く使われるのはヨアヒムのものでクライスラーのものがたまにあるくらい。ミルシテインなどは自作のものを用いていた。それだけでも興味を持って、ブラームス・ファン、若いヴァイオリニストに聴いていて欲しいと切望するレコードのひとつです。

 本盤はロジンスキー・ロンドン交響楽団と共演して1957年に録音。スケールの大きいロジンスキーの指揮に対して細やかな表情と完璧なテクニックで望んだもので、そのバランスは素晴らしいもの。LPレコード時代に貢献した彼の存在は大きい。
 録音も優れていて1950年代の録音とは信じ難い。ロンドンのオーケストラ・コンサートのホールは、あまりに低音が少なく、オーケストラの響きが全体に痩せてパサパサした感じで録音には不向きだ。そこで、このレコードはロンドンの北東部、ウォルサムストウ・タウンホールに併設されているアッセンブリー・ホールで録音されている。ここは幹線道路や鉄道から少し離れているため交通騒音に邪魔されない。ホールは小さな舞台のある木の床張りで、1階席の椅子は可動式で、椅子を取り払う事ができる。小さな舞台でではなく、オーケストラをこの平土間に配置してマイクロフォンをセッティングして録音される。
 現代はマルチ・トラック録音ができるパソコン1台があれば、素敵な音を作り出せるが、工夫でベストなポイントを探り続けた当時の録音職人たちに乾杯。Westminster 原盤。

通販レコード詳細・コンディション、価格

レコード番号
PWS705
作曲家
ヨハネス・ブラームス
演奏者
エリカ・モリーニ
オーケストラ
ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
指揮者
アルトゥール・ロジンスキー
録音種別
STEREO

1956年9月9日、12日、18-23日、ロンドンのウォルサムストウ・アセンブリー・ホールでセッション録音。

ジャケット状態
M-
レコード状態
EX
製盤国
NL(オランダ)盤
NL WEST PWS705 エリカ・モリーニ ブラームス・ヴァイオ… NL WEST PWS705 エリカ・モリーニ ブラームス・ヴァイオ…


BLUE WITH BLACK LETTERING, STEREO 1枚組(150g)。

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。

 
オーダーは 品番 / 34-19337
販売価格 3,500円(税別)

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。プライバシーに配慮し、会員登録なしで商品をご購入いただけます。梱包には無地のダンボールを使用し、伝票に記載される内容はお客様でご指定可能です。郵便局留めや運送会社営業所留めの発送にも対応しております。

初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」

入手のメインルートは、英国とフランスのコレクターからですが、その膨大な在庫から厳選した1枚1枚を大切に扱い、専任のスタッフがオペラなどセット物含む登録商品全てを、英国 KEITH MONKS 社製マシンで洗浄し、当時の放送局グレードの機材で入念且つ客観的にグレーディングを行っております。明確な情報の中から「お客様には安心してお買い物して頂ける中古レコードショップ」をモットーに運営しております。

Back To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。