オペラ 通販レコード

ゴールデン・キャスト★ショルティ指揮コヴェント・ガーデン王立歌劇場管 ヴェルディ「ドン・カルロ」ハイライト

通販レコードのご案内「20世紀最高のプリマ」と言われたテバルディをはじめ、「デル・モナコと並ぶテノール」のベルゴンツィのほか、ギャウロフ、フィッシャー=ディースカウといった当代随一のゴールデン・キャストを揃えたデッカならではの名盤。

GB DECCA SET353 ショルティ ヴェルディ「ドン・カルロ」ハイライト《英ワイドバンド ED2盤》GB DECCA SET353 ショルティ ヴェルディ「ドン・カルロ」ハイライト レコードのステレオ録音は、英国 DECCA が先頭を走っていた。1958年より始まったステレオ・レコードのカッティングは、世界初のハーフ・スピードカッティング。 この技術は1968年ノイマン SX-68 を導入するまで続けられた。
 この「ドン・カルロ」は社運をかけたプロジェクト『ニーベルングの指環』全曲盤の「神々の黄昏」録音期間に当てはまる。その反映かヴェルディの時代物の緊迫感を強く感じさせるところが、この録音全体に徹底しているところが魅力となっています。これ以上劇的に壮大なオペラはないのではないか。ヴェルディ作品の中で、もっとも人間の心理の深淵に踏み込んだ作品。登場人物がそれぞれ逃れられない宿命的な運命を背負いながら、それぞれが複雑に絡み合いながら進行する壮大な歴史悲劇です。
 1965年にコヴェント・ガーデン歌劇場で録音。この作品は幾つもの版があって複雑ですが、本盤は1886年のモデナ版と呼ばれるイタリア語5幕版による録音で現在多くの上演で使われているものです。原典版はフランス語歌唱の5幕版。これが長かったので改訂が繰り重ねられます。パリ初演版は短縮を試みられ、それをイタリア語歌唱に改めたボローニャ版。続くナポリ版は原典版のフランス語をイタリア語に変え、台本が大幅に見なおされた。その後、スカラ座版で全体の50%をカットして良いところだけを残し、無理の無いよう作曲し直した。これが現在一般的に上演されている4幕版。オペラは上演当時であれば、ネタ元を観客もよく把握していて観劇するものですが、そのスカラ座版でカットした第1幕を復活させたのがモデナ版です。ヴェルディ自身の改訂はここまでなのですが、オペラの常として、その後も演出家、指揮者の考えで復活されるシーンが有ったり、カットされる音楽もあったり。本筋を理解できていれば、そういう演出も楽しみの一つ。
 劇場では感動的だけど、それだからこそ、レコードでは満足できるものが少ない。本盤は「20世紀最高のプリマ」と言われたテバルディをはじめ、「デル・モナコと並ぶテノール」のベルゴンツィのほか、ギャウロフ、フィッシャー=ディースカウといった当代随一のゴールデン・キャストを揃えた DECCA ならではの名盤。最も聴きどころはドラマティックで情感溢れる歌唱で素晴らしいテバルディのエリザベッタ。キャラクターが良く立ってます。ギャウロフのフィリッポ2世、バンブリーのエボリ公女が好演。フィッシャー=ディースカウは歌唱効果をあげようという癖が裏目に出た印象。イタリア・オペラにはもう少し歌いあげて欲しいですね。劇性を高めようとしてのことでしょうが、痛し痒し。そして、シラー原作によるこの壮大な音楽劇をショルティが手堅く引き締め、聴き手を深く感動させてくれます。

1965年6月、7月ロンドン、オペラ・センターでの、ジョン・カルショウ&ゴードン・パリーによる優秀録音、名演、名盤、リーフレット付属。

通販レコード詳細・コンディション、価格

【ヴィンテージ鑑定のポイント】Hi-Fi レコードの名盤が多い、イギリス・デッカのセンター・レーベルのデザインは年代別に4つのグループに分けることができる。それぞれを、English DECCA を記号化してオーディオファイルは ED1, ED2, ED3, ED4と呼んでいる。また、それら中でも、ED1 から ED3 までを「ラージ・ラベル」、ED4 を「スモール・ラベル」と大別している。ラージ・ラベルは、スモール・ラベルよりもセンターレーベルの大きさがひとまわり大きい。また、レーベル中にデザインされている銀色の帯(黒色で「 FULL FREQUENCY 」と書かれている)の幅が13ミリメートルあり、ED4 よりかなり広いため、「ワイド・バンド」とも呼ばれている。

プロダクト

レコード番号
SET353
作曲家
ジュゼッペ・ヴェルディ
演奏者
カルロ・ベルゴンツィ レナータ・テバルディ ニコライ・ギャウロフ ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ グレース・バンブリー
オーケストラ
コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団
指揮者
ゲオルク・ショルティ
録音種別
STEREO


GB DEC SET353 ショルティ ヴェルディ「ドン・カルロ」ハ…
GB DEC SET353 ショルティ ヴェルディ「ドン・カルロ」ハ…

WIDE BAND WITH GROOVED MADE IN ENGLAND ED2, STEREO 1枚組(140g), Release 1966, Stamper 1G/1G。

ED2 溝あり)レーベル中にデザインされている銀色の帯(黒色で「 FULL FREQUENCY 」と書かれている)の幅が13ミリメートルあり、ED4 よりかなり広い。そのため、「ワイド・バンド」とも呼ばれています。またラージ・レーベルの外周から約1センチのところに溝( GROOVE )があります。ここまではファースト・ラベルと同一デザインです。ただし、ラベル上部10時位置の文字が、「 Made in England By … 」に変更になりました。多くの専門家の間で、このセカンド( ED2 )の音質は、ファーストラベル( ED1 )に似ているという意見が多いです。

コンディション

ジャケット状態
M-
レコード状態
EX+
製盤国
GB(イギリス)盤

通販レコード

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。

  • 販売価格2,750円(税込)

「クレジットカード決済」「銀行振込」「代金引換」に対応しております。


CDフォーマットでは切り捨てられる 20kHz 以上の高調波成分が、自然界の音楽信号成分と音楽エネルギーが等価になるので心地いいですし、オーディオファイル盤で優秀録音、生演奏彷彿。

 オリジナルLPも既に30年、40年を経て状態の良いモノが減ってきましたからクリアビニールでのLP再発というのは素直に嬉しいもので、レコードクリーニング技術の向上を考えれば、こうした復刻LPが少なくともこの先50年はアナログレコードで安心して聴いていける機会を保証してくれることでしょう。
 然しオリジナルLPに永年親しんできたエンスーなファンとしてはオリジナルLPと再発CD再発LPとの顕著な音の違い、音質の差は勿論ですが全体的な質感、音楽の印象さえ異なって聴こえることにお気づきであると思います。
 日本盤の中にはリマスターで音質は向上したものの、妙に明るく元気な音になってしまいオリジナルLPの深みや重みが消えてしまったようなものもあり、やはり本来の音楽性はオリジナルLPを聴かなければわからない作品が多いと思います。

通販レコードの購入にあたって・確認とお問い合わせは

プライバシーに配慮し、会員登録なしで商品をご購入いただけます。梱包には無地のダンボールを使用し、伝票に記載される内容はお客様でご指定可能です。郵便局留めや運送会社営業所留めの発送にも対応しております。

入手のメインルートは、英国とフランスのコレクターからですが、その膨大な在庫から厳選した1枚1枚を大切に扱い、専任のスタッフがオペラなどセット物含む登録商品全てを、英国 KEITH MONKS 社製マシンで洗浄し、当時の放送局グレードの機材で入念且つ客観的にグレーディングを行っております。明確な情報の中から「お客様には安心してお買い物して頂ける中古レコードショップ」をモットーに運営しております。

Back To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。