交響曲 通販レコード

ドイツ・チューリップ*臓腑を抉られる ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィル チャイコフスキー・交響曲4番

通販レコードのご案内オーケストラのサウンドの威力がダイレクトに伝わってきます。

DE DGG SLPM138 657 ムラヴィンスキー/レニングラードフィル チャイコフスキー 交響曲第4番《独チューリップ made in Germany 170グラム重量盤》DE DGG SLPM138 657 ムラヴィンスキー、レニングラード・フィル チャイコフスキー・交響曲4番 録音後50年を経ても失われぬ演奏の生命力 ― チャイコフスキーの後期3大交響曲のスタンダードとして、一頭地を抜けた決定的名盤。コントラバスまでピタリと揃う鍛え抜かれた高度なアンサンブル、金管群のロシア的で強烈な咆哮など、臓腑をえぐられるような凄絶なクライマックスが聴き手に迫ります。西側オーケストラ関係者を畏怖させた凄腕指揮者とオーケストラのサウンドの威力がダイレクトに伝わってきます。
 ムラヴィンスキーは、生涯で演奏会の記録に残っている総演奏会数は実に133回に及びます。レニングラード・フィルは、1956年6月の訪欧時にもドイツ・グラモフォンにチャイコフスキーの後期交響曲をモノラルで録音していますが、この時は、ムラヴィンスキーは第5番と第6番《悲愴》のみで、第4番はクルト・ザンデルリンクが担当していました。
 1960年の秋、ムラヴィンスキーはレニングラード・フィルを率いてイギリス、フランスをはじめとした7カ国を巡り34回の公演を持ちました。この機会をとらえ、ドイツ・グラモフォンはチャイコフスキーの後期交響曲3曲の録音を実施、ツアーの最初の公演国イギリス、エジンバラでの演奏会のあとロンドンで交響曲第4番が収録され、ツアーの最後の地となったウィーンでの演奏会の後、第5番と第6番《悲愴》が収録されました。
 前回の録音から4年しか経っていないにもかかわらずドイツ・グラモフォンが再録音に踏み切ったのは、1950年代後半に導入された新しくステレオ技術によってステレオ・レコードを発売したいという点と、第4番を首席指揮者であるムラヴィンスキーの指揮で残しておきたい、という強い希望があったためでしょう。
 特筆すべきは、レニングラード・フィルの通常の古典配置と異なり、L→Rチャンネルで、弦楽器を第1ヴァイオリン→第2ヴァイオリン→ヴィオラ→チェロ→コントラバスというモダン配置にしている点です。ムラヴィンスキーのステレオ録音でこの配置を採用しているのはこの盤だけです。
 第4番はロンドンのウェンブリー・タウン・ホール、第5番と第6番はウィーンのムジークフェラインザールという、いずれも音響には定評のある会場で収録されている点が大きなポイントです。この時期のドイツ・グラモフォンのサウンドらしい、コンサートホール的な奥行き感がそなわった名録音です。

1960年9月14~15日ロンドン、ウェンブリー・タウンホール、カール=ハインツ・シュナイダー、ハラルト・バウディスの優秀録音、名演、名盤。

通販レコード詳細・コンディション、価格

Jewgenij Mrawinskij, Leningrader Philharmonie – TCHAIKOVSKY ‎– Symphonie Nr.4 – Deutsche Grammophon

プロダクト

レコード番号
SLPM138 657
作曲家
ピョートル・チャイコフスキー
オーケストラ
レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団
指揮者
エフゲニー・ムラヴィンスキー
録音種別
STEREO
made in Germany チューリップとしては ALLE に続く2版, STEREO 1枚組(170g)重量盤。

販売レコードのカバー、レーベル写真

  • DE DGG SLPM138 657 ムラヴィンスキー/レニングラー…
  • DE DGG SLPM138 657 ムラヴィンスキー/レニングラー…

クラシック音楽のレコードのステイタス、イエロー・レーベル

 ドイツ・グラモフォンは、1898年12月にドイツ・ハノーファーで創設された、世界でもっとも長い歴史を持つクラシック音楽のレコードレーベルである。「イエロー・レーベル」と呼ばれている。
 1897年に蓄音機「グラモフォン」の製造・販売を行っていたベルリーナ・グラモフォン社のヨーロッパ進出のため、ロンドンに「英グラモフォン」を設立する。創設者は、円盤レコードの発明者でもあるエミール・ベルリナーである。1898年ドイツのハノーファーに工場を設立する。これがクラシック音楽のレーベル「ドイツ・グラモフォン」の始まりである。第一次世界大戦の勃発によって、英グラモフォンのドイツ支社であった「ドイツ・グラモフォン」がドイツ資本の会社となったため新レーベル「エレクトローラ」を設立する。
 現在はフランスのヴィヴェンディの傘下にあり、ドイツ・グラモフォン(DGG)のほか、英デッカ(「ロンドン」)、オワゾリール、アルヒーフ(バロック音楽を中心とする古楽の専門レーベル)などを擁する。
ドイツ・チューリップ
黄色地に黒文字。リムが白と青のチューリップ(百合)で囲まれたもの。チューリップラベルでも時代によって、2つに分けられます。
初期の盤では、チューリップの内側の著作権に関する注意が時計で1時の位置から右回りに” ALLE … “の文章で始まるものです。この Tulip ラベルは番号順イコール年代順とはかぎらないため番号で区切りをつけるのは非常に困難です。

コンディション

ジャケット状態
M-
レコード状態
M-
製盤国
DE(ドイツ)盤

通販レコード

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。
オーダーは 品番 / 34-25639
販売価格 12,100円(税込)

「クレジットカード決済」「銀行振込」「代金引換」に対応しております。


 重厚で輝かしい金管や、コントラバスにいたるまで一糸乱れぬ弦のアンサンブルなど、ロシアの演奏伝統に依拠しつつも、粗野に走らず独自の洗練を感じさせる個性的な解釈は、ムラヴィンスキーのトレードマークといえます。
 奥行と深い翳りを宿し充実した中低弦、木管の心情のこもった色彩、原初的と呼びたい本来の威力を発揮した金管の凄み、ヴァイオリンの豊かな表情が渾然一体となって、演奏のレンジの幅広さは抜群。まさにロシアの慟哭を聴かせる演奏とでも言えばよいのか。ひたすら音楽の核心を見据えて、強いメリハリがドラマティックな躍動を生み出し、力強く盛り上げていく。全体の造形をくずさず、きびきびとしたリズムと端正なフレージングで、ひとつひとつの楽想を厳しく彫琢している。
 第4番第3楽章のピッチカートの生々しさ、第5番第4楽章の疾走する弦、《悲愴》第1楽章の臓腑をえぐられるような凄絶なクライマックスなど、聴き所は無数にあります。きわめて男性的な《悲愴》だが、音楽が暴力的にならないのは、ムラヴィンスキー特有の品格が基本を支えているからだ。1960年にドイツ・グラモフォンに録音したチャイコフキーの後期交響曲集は、発売以来一度もカタログから消えたことがない不朽の名盤です。
 表面的にはストレートで淡々としたチャイコフスキーに聴こえるが、実はそうではない。その演奏スタイルは、カラヤンに代表される聴かせ上手な解釈とは異なり、主観的な解釈である。ただ彼はそうした解釈を実際の音に移すにあたって、少しでも客観的に聴こえるように全力を傾けている。
 ムラヴィンスキーが再現するチャイコフスキーの世界は、文字通りロシアの風土、ロシアの自然、ロシアの民族、ロシアの歴史を背負って立つ音の営みであり、そこにある岩盤のような音楽の強さと優しさに心奪われる。地の底から湧き上がるような痛切な悲嘆、灼熱して燃え尽きんとする激情のほとばしりで聴く者を揺れ動く大波のうねりに乗せて、日常を忘れさす。

通販レコードの購入にあたって・確認とお問い合わせは

プライバシーに配慮し、会員登録なしで商品をご購入いただけます。梱包には無地のダンボールを使用し、伝票に記載される内容はお客様でご指定可能です。郵便局留めや運送会社営業所留めの発送にも対応しております。

入手のメインルートは、英国とフランスのコレクターからですが、その膨大な在庫から厳選した1枚1枚を大切に扱い、専任のスタッフがオペラなどセット物含む登録商品全てを、英国 KEITH MONKS 社製マシンで洗浄し、当時の放送局グレードの機材で入念且つ客観的にグレーディングを行っております。明確な情報の中から「お客様には安心してお買い物して頂ける中古レコードショップ」をモットーに運営しております。

Back To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。

Warning: file_get_contents(index.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/r0540933/public_html/fm.kobatoradio.info/wp-includes/plugin.php on line 437

Warning: file_get_contents(index.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/r0540933/public_html/fm.kobatoradio.info/wp-includes/plugin.php on line 437

Warning: file_get_contents(index.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/r0540933/public_html/fm.kobatoradio.info/wp-includes/plugin.php on line 437