協奏曲 通販レコード

名匠同士唯一の共演且つ稀代の名演*オイストラフ、クリュイタンス指揮フランス国立放送管 ベートーヴェン・ヴァイオリン協奏曲

通販レコードのご案内クリュイタンスのバックも万全でベートーヴェンのイメージそのもの、現在の演奏では聴くことが出来ないドイツ音楽らしいゴツゴツ感があり、素晴らしいの一言に尽きます。

FR VSM/COLUMBIA CVB817 オイストラッフ/クリュイタンス/フランス国立放送管 ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲《仏ロイヤル・ブルー、銀文字盤、フランス製棒付きジャケ》FR VSM/COLUMBIA CVB817 オイストラッフ/クリュイタンス/フランス国立放送管 ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲 このベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲は、オイストラフの至芸を愛でる者にとっては格別のレコードです。一聴すると全盛期の彼の芸風は、より感情の起伏を織り込んでいるようで、かなり感情的な演奏になっています。1950年代後半のオイストラフの巧さ・重厚さは、驚異的なドライヴを展開しています。テンポも速からず、ゆったりと歌い上げる。多少速めに弾いてる曲でも、なぜかゆったりして聴こえる。音符を弾いているのではなくて、一音一音に意味があり、まるで言葉で話しかけられているように思えます。
 彼の語り方一つ一つに感動させられ、飽きる事なく針を落とすと必ず最後まで、と言う気になる。おそらく、彼独特の線の太さも貢献していると思う。何れにしていも豊満な美音で悠然と歌う、しかし時には威嚇するとでも表現した方が相応しいフレーズも散見されるオイストラフの真骨頂が発揮された一枚であることは間違いない。懐の深い雄大な演奏です。
 豊麗で伸び伸びとしたオイストラフのヴァイオリンと音楽性豊かなクリュイタンスの指揮がベスト・マッチ。ベルリン・フィルとの全曲でベートーヴェンを得意としていたクリュイタンスと、ここではフランス国立放送管弦楽団のバック、録音会場もパリの音響効果が抜群の体育館サルワグラム、もう何も云うことなし。20世紀におけるヴァイオリン協奏曲の一つの頂点を築いた、永遠の輝かしい記録がこのディスクに刻まれています。ステレオ録音。レコード芸術推薦盤。

1958年、パリのサルワグラムでのセッション録音。名演奏、優秀録音、名盤。
20世紀を代表する両巨匠が共演した唯一の録音にして歴史的名盤。英国盤 SAX2315 初期盤の良好なものは入手困難につき、コンディション良好かつ高音質の本盤を大推薦いたします。

通販レコード詳細・コンディション、価格

プロダクト

COLUMBIA CVB 817 – FRENCH NATIONAL RADIO ORCHESTRA conducted by ANDRE CLUYTENS, DAVID OISTRAKH – BEETHOVEN – Violin Concerto op.61

レコード番号
CVB817
作曲家
ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
演奏者
ダヴィッド・オイストラフ
オーケストラ
フランス国立管弦楽団
指揮者
アンドレ・クリュイタンス
録音種別
STEREO
仏パテ社製セミサークル初期プレス, STEREO 1枚組(160g)重量盤, 英国コロムビア同一スタンパー YLX 使用盤。
FR VSM/COLUMBIA CVB817 オイストラッフ/クリュ…
FR VSM/COLUMBIA CVB817 オイストラッフ/クリュ…

コンディション

ジャケット状態
M-
レコード状態
EX++
製盤国
FR(フランス)盤
セミサークル
基本的には、赤の地に上半分の半円の中に蓄音機とニッパーの絵が入り、半円の上部は「HIS MASTER’S VOICE」のロゴが印刷されたデザインになります。これを、「ラージ・ドッグ・イン・セミサークル(半円、ハーフムーン)」と呼びます。フランス盤は、LA VOIX DE SON MAITRE(VSM)となる。
HMVの名演・名録音がカタログを埋め尽くしている。番号では、ASDの576あたりから2470までは、ステレオ録音のオリジナルであると考えられています。中でも、シューリヒトのブルックナー、ケンペ・バルビローリの一連の録音、そして、デュ・プレの名盤は、オーディオファイル・音楽ファンの憧れの的です。

通販レコード

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。
 
オーダーは 品番 / 34-25733
販売価格 10,000円(税込)


初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」
初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」
ダヴィド・オイストラフ( DAVID OISTRAKH )は 旧ソ連を代表する20世紀を代表するヴァイオリニスト。1908年、ロシアのオデッサ生まれ。1974年没。5歳からヴァイオリンをはじめ、マトリアルスキーにつく。1926年にオデッサ音楽院を出て、1933年にモスクワでデビュー。1937年にイザイ国際コンクールで優勝。1950年代に入って西側に進出し、国際的な評価を得る。1955年には日米を訪問している。20世紀を代表するヴァイオリニストのひとりで、優れたヴィルトゥオジティと深い音楽性を兼ね備えていた。多くのソ連の作曲家が作品を提供した。旧ソ連の至宝として東側だけでなく西側にも赴いて演奏旅行を行いました。行く先々でレコード録音やラジオ放送を行い、膨大な数の音源を残しました。
アンドレ・クリュイタンス( ANDRE CLUYTENS )はベルギー生まれのフランス人指揮者。19世紀から20世紀初頭のフランスの音楽を積極的に演奏し、彼の録音は国際的な名声と印象的なレパートリーによって、その偉大なる解釈と演奏を証明しています。1905年にベルギーのアントワープ生まれ。1967年6月3日没。9歳から同地の音楽院で学び、卒業後王立歌劇場の合唱指揮者に就任。1927年に『真珠採り』を代役で指揮し成功。そのまま同歌劇場の常任指揮者に昇格した。1938年にヨーゼフ・クリップスの代役としてベートーヴェン祭で指揮をとり、コンサート指揮者としても認められる。1949年にパリ音楽院管の常任指揮者に就任。フランス人指揮者で初めてバイロイトに登場するなど、ドイツ音楽でも高い評価を受けていた。クリュイタンスは特に近代フランス、そしてドイツ・ロマン派の名指揮者として知られていますが、70人以上の作曲家による作品のレパートリーは、オーストリア、イタリア、ロシア、チェコスロバキア、ポーランド、スペイン、アメリカの音楽、バロックから20世紀半ばまで幅広く網羅していた。

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。プライバシーに配慮し、会員登録なしで商品をご購入いただけます。梱包には無地のダンボールを使用し、伝票に記載される内容はお客様でご指定可能です。郵便局留めや運送会社営業所留めの発送にも対応しております。

初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」

入手のメインルートは、英国とフランスのコレクターからですが、その膨大な在庫から厳選した1枚1枚を大切に扱い、専任のスタッフがオペラなどセット物含む登録商品全てを、英国 KEITH MONKS 社製マシンで洗浄し、当時の放送局グレードの機材で入念且つ客観的にグレーディングを行っております。明確な情報の中から「お客様には安心してお買い物して頂ける中古レコードショップ」をモットーに運営しております。


Back To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。