協奏曲 通販レコード

天才と変人は紙一重◉ミケランジェリ、ジュリーニ指揮ウィーン交響楽団◯ベートーヴェン・ピアノ協奏曲第1番

タッチひとつでこれだけ多彩な音色が紡ぎ出されるのかと驚かされる。

通販レコードのご案内DE DGG 2531 302 ミケランジェリ ベートーヴェン・ピアノ協奏曲1番

  • DE  DGG  2531 302 ミケランジェリ ベートーヴェン・…
  • DE  DGG  2531 302 ミケランジェリ ベートーヴェン・…
  • アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリのDGGの録音は、どれも人気が高い!彼の最後の音が聴けるからだ。録音をまったくしなかった空白の期間の後だけに、ファンには嬉しいものがある。ベートーヴェンのピアノ協奏曲は、ジュリーニと1/3/5番の3曲のみ録音。
    柔らかく歌い上げていくオーケストラの演奏、心底から奏でられるサウンド、渾身の熱唱に聴こえる管弦楽の演奏、指揮の力を感じ指揮者カルロ・マリア・ジュリーニに興味を覚えます。イタリア人同士ということも相当な相乗効果を生んでいるのでしょうか。

1980年録音。

超変人と揶揄されることのあるミケランジェリだが、やはり天才と変人は 紙一重だと再認識致しました。

冷徹な完全主義者との印象が強かったのですが、テクニックを出し惜しみせずに、弾き切っている点や、感情表現における部分で、決して自分を押し殺しているのではなく、もっと暖かな人間らしい一面が分かりました。透明感の高いロマンティシズムが全編を覆っていると言っても過言でない。タッチひとつでこれだけ多彩な音色が紡ぎ出されるのかと、驚かされる。

初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」

品番 34-10100
商品詳細 DE DGG 2531 302 ミケランジェリ ベートーヴェン・ピアノ協奏曲1番.
商品名 DE DGG 2531 302 ミケランジェリ ベートーヴェン・ピアノ協奏曲1番
作曲 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
曲目 ピアノ協奏曲第1番
レーベル DEUTSCHE GRAMMOPHON
レコード番号 2531 302
演奏者 アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ
オーケストラ ウィーン交響楽団
指揮者 カルロ・マリア・ジュリーニ
録音種別 STEREO
ジャケット状態 M-
レコード状態 M-
製盤国 DE(ドイツ)盤
カルテ(協奏曲) BLUE LINE, DIGITAL STEREO ( 140g ), Release 1980
特別価格 3,080 円

プライバシーに配慮し、会員登録なしで商品をご購入いただけます。梱包には無地のダンボールを使用し、伝票に記載される内容はお客様でご指定可能です。郵便局留めや運送会社営業所留めの発送にも対応しております。

ピアノ協奏曲第1番は、ベートーヴェンの初期の作品であることから、モーツァルトとの類似点に言及されることが多いですが、すでにベートーヴェンの特徴が確立している傑作と言えると思います。4番、5番は別格で、3番までの協奏曲はベートーヴェン自身の演奏を聴かせることに主眼があった。
「狂気を孕むような凄まじい集中力と異常な創造性が結びついたグールド盤」、「ヴィーンの伝統を現代的シャープな造型感覚と豊饒な音響で蘇らせたグルダ&シュタイン盤」と並ぶ逸品です。が、この演奏だけ聴いていれば名演に思えるかもしれない。ジュリーニ伴奏も奥行きがあり立派で、中期の曲のように聴こえる。
完璧といっても過言ではないミケランジェリのピアノは、地中海の青さにもたとえたれる美しさを持ち、彼が遺した最良の協奏曲録音のひとつと評されています。そして、ミケランジェリの意図を十分汲んだ上でのカルロ・マリア・ジュリーニとウィーン交響楽団による細やかなサポートがまず素晴らしい、一期一会の名演。あまり多くないミケランジェリの正規録音の中でも特別な位置を占めています。
ウィーン交響楽団は、1900年10月、〝ウィーン・コンサート・ソサエティ(ウィーン・コンツェルトフェライン)〟の名称で活動を開始。フェルディナンド・レーヴェの指揮により、ウィーン楽友協会で初めての公演を行った。ブルックナーの交響曲第9番、シェーンベルクの「グレの歌」、ラヴェルの左手のためのピアノ協奏曲、フランツ・シュミットの「7つの封印の書」等を初演し、今日ウィーン交響楽団の主要なレパートリーであることに議論の余地がない。
ウィーンらしい楽曲を得意とし、ウィーンの文化大使かつ最高レベルのコンサート・オーケストラとして、オーストリアの首都の音楽シーンを形成するオーケストラ活動の中で、とりわけ重要な役割を果たしている。
戦前はブルーノ・ワルター、リヒャルト・シュトラウス、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー、オズヴァルト・カバスタ、ジョージ・セル、ハンス・クナッパーブッシュといった数々の巨匠たちが、同楽団に多大な影響を与え、戦後は、ヘルベルト・フォン・カラヤン(1950〜60年)とヴォルフガング・サヴァリッシュ(1960〜70年)が首席指揮者を務め、オーケストラの音色作りにおいて最も重要な役割を果たした。その後は、ヨーゼフ・クリップスが短期間ながらも再び首席指揮者に就任し、カルロ・マリア・ジュリーニとゲンナジー・ロジェストヴェンスキーがそれを引き継いだ。
1979年にテレビ放送のための特別演奏会という形でウィーンで実現したベートーヴェンの3曲の協奏曲録音は、響きも重厚的ではなく、弦楽器の伸びやかさに感服させられる。ただライブでありながら非常に冷静な演奏であり、この曲の情熱的な側面は意図的にそぎ落とされている印象。後味も良くスッキリとした印象だ。しつこさがない。その分、類い稀なミケランジェリの美音が生きていて、その音色に浸るための演奏であると言える。
妥協を許さないミケランジェリのピアノは、地中海の青さにもたとえたれる美しさを持ち、
終始冷静な美音で弾き切っている。見事なものであるが、音色的にはやや多彩さに欠けるような気がする。
そして当時のドイツ・グラモフォンによるアナログ録音末期の優秀な収録が見事に捉えられています。会場の隅々までに立ち上るピアノのタッチ後の美しい余韻と、ムジークフェラインザールの豊かな残響、そして息をのむ聴衆の雰囲気が混然一体となってスピーカーで再現される様は圧巻で、多くのオーディオファイルにもお勧めしたい音源です。く、ミケランジェリの意図を十分汲んだ上での最適な伴奏は、これらの演奏の芸術的な完成度をより高めています。煌びやかな音色でありながら峻烈な力強さ、柔らかな慈悲深さ、フォルテッシモですら失われない余裕と気品。音で威厳と風格を感じさせ、「皇帝」を存在させる演奏です。それもピアノだけで成し遂げようとせず、オーケストラとの調和と織り成す音楽バランスも絶妙に美しい。確実で堅牢な構成力と、叙情を器楽演奏を超えて歌い上げる音楽性、音に厚みがあり、ミケランジェリの個性や才能が引き立つ協奏。

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。「クレジットカード決済」「銀行振込」「代金引換」に対応しております。

入手のメインルートは、英国とフランスのコレクターからですが、その膨大な在庫から厳選した1枚1枚を大切に扱い、専任のスタッフがオペラなどセット物含む登録商品全てを、英国 KEITH MONKS 社製マシンで洗浄し、当時の放送局グレードの機材で入念且つ客観的にグレーディングを行っております。明確な情報の中から「お客様には安心してお買い物して頂ける中古レコードショップ」をモットーに運営しております。

通販レコードの購入にあたって・確認とお問い合わせは

プライバシーに配慮し、会員登録なしで商品をご購入いただけます。梱包には無地のダンボールを使用し、伝票に記載される内容はお客様でご指定可能です。郵便局留めや運送会社営業所留めの発送にも対応しております。

Back To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。