協奏曲 通販レコード

時代背景も伝わってくる稀有な存在のレコード◆ゼルキン、小澤征爾指揮ボストン響 ベートーヴェン・ピアノ協奏曲5番「皇帝」

通販レコードのご案内デジタル録音専門のレーベル「テラーク」の中では例外、レコード芸術で称賛された皇帝。日本では評価芳しくないゼルキンが意地を聴かせたとでも言える名演。

《独ダーク・レッド・ラベル盤》DE TELARC DG 10065 ゼルキン&小澤 ベートーヴェン・ピアノ協奏曲5番「皇帝」

 晩年のルドルフ・ゼルキンが、若き小澤征爾との信頼関係に結ばれた名盤。小澤のバックアップは絶妙で、ドイツ的な、とても優しくて温かい演奏に仕上がっています。テラーク盤となると、オーケストラに重厚感もっとあっても、いいと欲求も感じますが、これがこの頃の小澤。ゼルキンも、晩年、流石に、タッチに心もとない処もありますが、いつものように、全霊、慈愛、気合いに満ちた良心と迫力の名演奏。デジタル録音への興味のほどはわからないが、記録されたピアノの音には心に響くものがあったのではないかと、デジタル録音の数々に聴こえるようです。
 ゼルキンの伝え聞く生き様からの印象からは、もっと剛直な演奏をイメージしますが、そんなことはなく温和、柔弱な感じ。
  • DE TELARC DG 10065 ゼルキン&小澤 ベートーヴェン・ピアノ協奏曲5番「皇帝」
  • ちからが入って欲しいところでもふわっと弾かれてしまうので、ゼルキン晩年の靜かな境地か。よくも悪くも指揮者の音楽づくりに合わせて会話し、その中で表現をする人なのでゼルキンの閃きのようなものを捕らえようとしても、小澤のベートーヴェン合わせて、ゼルキンが微笑みながら弾いている姿が見えるようです。
 ゼルキン79歳、小澤47歳。あの巨匠ゼルキンが自ら小澤を指名したという噂も聞こえてきたこともあり、録音が発売されるとレコード芸術誌でも、日頃小澤に対して厳しい評をくだす宇野功芳氏も、「小澤の伴奏指揮も素晴らしく、音楽性の高さが評価される」と応援を露わにした。
1981年1月ボストン、シンフォニー・ホール録音。

■デジタル・ステレオ録音、優秀録音、名演。

 フランスのオーケストラでカラヤンの秘蔵っ子、ムターとカラヤンがレパートリーにしていないスペイン音楽を録音したり、ベルリン・フィルでカラヤン薬籠中のチャイコフスキーの録音は今でも耳に鮮やかに蘇ってくる。1980年代に入ると、小澤征爾は次代を担う指揮者と評されて活動の国際化も進み、レコーディングもさらに増えることに。テラーク・レーベルからのお誘いもカラヤンのバックアップとして注目を受けていた時期でもあり、デジタル録音の発展に関心を注いだのだと思う。時にカラヤン風に見栄をきったりと、発展途上の若い指揮者に期待を寄せて、その成長を追っていくのは面白い。
 ソリストに遠慮がちに寄り添う小澤の気質の一面が録音として出ている、第2楽章の静寂から一転喜びの爆発のような躍動的なロンド主題の提示では、ゼルキンの強い打鍵によるピアノの和音が素晴らしい。第3楽章などはオーケストもよく鳴ってはいるが、もう一つ力強さが欲しいのは、録音の所為なのかも知れない。テラークの録音は、ワンポイントマイクを基本としているということを聴いたことがあり、当時点のノウハウが、この《皇帝》には良さとして表れている。単純な音型の繰り返しでも音楽の喜びや意味が伝わってくる生命力と輝きに満ちたピアニズムで、このピアノの透明な音色を捉えたテラーク録音にも感心する。

通販レコード詳細・コンディション、価格

プロダクト

  1. レコード番号
    DG 10065
  2. 作曲家
    ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
  3. 演奏者
    ルドルフ・ゼルキン
  4. オーケストラ
    ボストン交響楽団
  5. 指揮者
    小澤征爾
  6. 録音種別
    STEREO

販売レコードのカバー、レーベル写真

DE TELARC DG 10065 ゼルキン&小澤 ベートーヴェン…
DE TELARC DG 10065 ゼルキン&小澤 ベートーヴェン…

DARK RED WITH BLACK LETTERING, STEREO 1枚組 ( 140g ), Stamper A-15/B-12。

コンディション

  1. ジャケット状態
    EX
  2. レコード状態
    EX+
  3. 製盤国
    DE(ドイツ)盤

オーダー・リンクと販売価格

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。
 
オーダーは 品番 / 34-20215
販売価格 5,500円(税込)

「クレジットカード決済」「銀行振込」「代金引換」に対応しております。


 1978年にオハイオ州クリーヴランドで創立されたデジタル録音専門のレーベル「テラーク」の10周年記念企画。しかし、当時の地方レコード店内でも常連客の反応は二分した。「テラーク盤を聴くよ」という畏まったサンプル盤の試聴会のはじめ方にも問題はあったのだろうが、DECCAの「オルガン交響曲」はスピーカーの前にタオルを置くと重低音で揺れるだの、テラーク盤で針飛びしてスピーカーが壊れる恐れがあるなどと言った話題が、ハイエンドオーディオと混同されて論じ合っていたぐらいの時代です。

通販レコードの購入にあたって・確認とお問い合わせは

プライバシーに配慮し、会員登録なしで商品をご購入いただけます。梱包には無地のダンボールを使用し、伝票に記載される内容はお客様でご指定可能です。郵便局留めや運送会社営業所留めの発送にも対応しております。

入手のメインルートは、英国とフランスのコレクターからですが、その膨大な在庫から厳選した1枚1枚を大切に扱い、専任のスタッフがオペラなどセット物含む登録商品全てを、英国 KEITH MONKS 社製マシンで洗浄し、当時の放送局グレードの機材で入念且つ客観的にグレーディングを行っております。明確な情報の中から「お客様には安心してお買い物して頂ける中古レコードショップ」をモットーに運営しております。

Back To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。