声楽曲 通販レコード

歴史的な教会に鳴り響く敬虔の響き ― アンドレ・クリュイタンス最高の名盤。フォーレの《レクイエム》

残響の非常に多い教会の空間において、ロマンティックに歌われるレクイエムは、フルトヴェングラーの演奏だと偽って発売されても信じる人がいるかもしれない。

JP 東芝音楽工業(赤盤) AA9004 クリュイタンス・パリ音楽院管 フォーレ レクイエム(死者のためのミサ曲)

《東芝音楽工業謹製 白金赤盤》JP 東芝音楽工業(赤盤) AA9004 クリュイタンス パリ音楽院管 フォーレ レクイエム(死者のためのミサ曲)

フォーレの《レクイエム》には次から次へと名演奏というに値するレコードが出てくるが、それでもこのレコードに残されたパリ音楽院管弦楽団の古の響き ― クリュイタンス盤を凌駕するような素晴らしい演奏にはぶつからないように思われる。全体を貫く敬虔な祈りと抒情の精神は、この曲の本質に最も近いところにあるのではないだろうか。
このフォーレの《レクイエム》は、フランス国立放送管弦楽団と1950年10月に録音したモノラル盤に続く、クリュイタンスにとって2度目の録音となったもの。1962年に録音された本盤の〝フォーレのレクイエム〟は、クリュイタンスの一連の録音の中でも、ビゼーの「カルメン&アルルの女」と並んで、最も評価の高いアルバムであり、1963年に発売されて以来、カタログから一度消えたことのない定盤として聴き継がれている名演です。
ガブリエル・フォーレの音楽は、人を無垢な状態にしてくれる。日常の衣を脱ぎ捨て、素のままの自分と向き合う大切さを促す。だから私はストレスが溜まると、その音楽に身を委ねたくなる。特にフォーレ好きの日本の音楽ファンにとっては、フランスERATOのミシェル・コルボ盤(1972年録音)と並んで、《レクイエム》の最高の名盤と位置付けられています。
詩情に彩られた美しい音楽を書いたことで知られるフォーレの音楽は、洗練された感性と神秘的な陶酔感に満ち、心が洗われるような不思議な感覚を抱かせる。42歳の時に書かれた《レクイエム》は、そんなフォーレの魂が結晶した傑作で、気高く清純な美しさを誇っている。クリュイタンスの1950年盤もフォーレの慎み深い作品の魅力を引き出した名演として知られていますが、この1962年盤は旧盤よりもさらにフランスあるいはラテン的な意識を超えて、スケールの大きな深みのある演奏で、そこに込められた敬虔な感情の高まりは他に類をみないほどです。ここではすべてが自在に振る舞われているようでいて、つくりものめいた要素は一切ない。しかも、必要なものはことごとくきちんと踏まえられている。ドラマティックとはいえないまでも、誇張がなくて抒情的であり、清潔感を漂わせている。
2人のソリストも豪華で、「ピエ・イエズ」でのヴィクトリア・デ・ロス・アンヘレスの清純さ、全盛期の輝きを示すディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウの完璧無類な歌唱、いずれも歴史的な名盤に相応しい彩りを添えています。日本とは縁の深かったアンリエット・ピュイグ=ロジェが ― おそらく教会備え付けの ― オルガンを担当しているのもオールド・ファンには懐かしいことでしょう。永遠に受け継がれるレジェンダリー・パフォーマンス。

1962年2月14日、15日、5月25日&26日パリ、聖ロック教会での録音。

録音秀逸オーディオ・ファイル盤なのは言うまでもない。録音された時代と同じ空気を感じられるのが初期盤収集の楽しみを十二分に与えてくれる名盤です。

通販レコード詳細・コンディション、価格

プロダクト

Victoria De Los Angeles, Dietrich Fischer-Dieskau, The Paris Conservatoire Orchestra, André Cluytens ‎– Fauré, Requiem, Op.48

レコード番号
AA9004
作曲家
ガブリエル・フォーレ
演奏者
ビクトリア・ロサンヘレス デートリッヒ・フィッシャー・ディースカウ
オーケストラ
パリ音楽院管弦楽団
指揮者
アンドレ・クリュイタンス
録音種別
STEREO
東芝EMI前身東芝音楽工業謹製(白金赤盤), STEREO 1枚組 (170g 重量盤)。

販売レコードのカバー、レーベル写真

  • JP 東芝音楽工業(赤盤) AA9004 クリュイタンス・パリ音楽院…
  • JP 東芝音楽工業(赤盤) AA9004 クリュイタンス・パリ音楽院…

コンディション

ジャケット状態
M-
レコード状態
M-
製盤国
JP(日本)盤
東芝EMI前身東芝音楽工業謹製(白金赤盤)》1950年代後半~60年代前半までの国内初期盤はフラット盤も有り180g前後と重く、深溝。ジャケットも丁寧にコーティング。後年再発盤は、時代と共にプレス機の仕様変更、コスト的にも当時の手作り的な手間をかけることができず、ジャケットも簡素な味気ないカラーコピー的作りになってしまいました。
音質も、当時の録音はアナログテープでしたから、60年以上も経過した昨今、当時の音質のまま残ってなどいる訳が無く、デジタル補正を繰り返し全く別の音質になっています。英国オリジナル盤とまでいかなくとも、まだテープの経年劣化が少なく最近の再発盤よりはオリジナル盤に近いと。レコードは磁気テープと違い経年変化や劣化は無く、無傷であれば当時の音が其の儘楽しめる長所有り、プラス半世紀前高価で入手難の欧米真空管オーディオ、プレーヤーで聴くと「こんな良い音刻まれていた」と吃驚すると思います。
この東芝音楽工業時代に制作・録音された時代と同じ空気を感じられるのが初期盤収集の楽しみ。アナログ的で引き締まった密度のある音と音色で、楽音も豊か。情報量が多く、対旋律の細部に至るまで明瞭に浮かび上がってくる。高域は空間が広く、光彩ある音色。低域は重厚で厚みがある。オーケストレーションが立体的に浮かび上がる。
モノクロではなくこんなにカラフルで立体的なのは、 さすが初期東芝工業盤、ハンドメードの余韻が感じられます。是非英国オリジナル盤所有する方、比較試聴して頂きたい。


通販レコード

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。

 
オーダーは 品番 / 34-24409
販売価格 3,000円(税別)

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。プライバシーに配慮し、会員登録なしで商品をご購入いただけます。梱包には無地のダンボールを使用し、伝票に記載される内容はお客様でご指定可能です。郵便局留めや運送会社営業所留めの発送にも対応しております。

初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」

入手のメインルートは、英国とフランスのコレクターからですが、その膨大な在庫から厳選した1枚1枚を大切に扱い、専任のスタッフがオペラなどセット物含む登録商品全てを、英国 KEITH MONKS 社製マシンで洗浄し、当時の放送局グレードの機材で入念且つ客観的にグレーディングを行っております。明確な情報の中から「お客様には安心してお買い物して頂ける中古レコードショップ」をモットーに運営しております。


Back To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。