Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/r0540933/public_html/fm.kobatoradio.info/wp-content/plugins/video-destacado/video-destacado-settings.php:120) in /home/r0540933/public_html/fm.kobatoradio.info/wp-content/plugins/advanced-iframe/advanced-iframe.php on line 348
清楚でチャーミングな◉フェラス、ミュンヒンガー指揮シュトゥットガルト室内管◯モーツァルト・ヴァイオリン協奏曲3、7番 – 稀少アナログレコード店
協奏曲 通販レコード

清楚でチャーミングな◉フェラス、ミュンヒンガー指揮シュトゥットガルト室内管◯モーツァルト・ヴァイオリン協奏曲3、7番

通販レコードのご案内  1954年、最初期フラット盤、入手難として高名なレア盤。モノラル録音とは思えない豊麗な音に耳を疑いました。

GB DECCA LXT5044 フェラス&ミュンヒンガー モーツァルト・ヴァイオリン協奏曲3&7番《最初期フラット盤》GB DECCA LXT5044 フェラス&ミュンヒンガー モーツァルト・ヴァイオリン協奏曲3&7番 チャーミングなニュアンスをたたえたモーツァルト。ゆったりしたミュンヒンガーの伴奏に乗って、フェラスがこぼれるような美しい音と若々しい表情で曲を堪能させてくれます。フェラスの演奏は、清楚で良く歌って、しかも過剰なるなヴィヴラートに陥らない抑制された情熱と官能さえ感じさせて、瑞々しいテクニックがどこまでも爽やかです。そしてミュンヒンガーのバックは雰囲気タップリ、ソロを包み込む豊満さ。やや濃厚で暗めですが、この味わいの濃さは、両者の個性に間違いありません。両者の主張が明快で良さが発揮されています。
 カラヤンお気に入りのヴァイオリニストとして、1960年代 DGG の中心的存在だったクリスチャン・フェラス。本盤はそれ以前に Decca に記録された秘蔵盤。カラヤンと共演した時の演奏とは別人のようだという声も多い。数あるヴァイオリンのレコードの中でも最も入手難として高名なレア盤。かつ最初期フラット盤。


品番
34-13972
レコード番号
LXT5044
作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
演奏者
クリスチャン・フェラス
オーケストラ
シュトゥットガルト室内管弦楽団
指揮者
カール・ミュンヒンガー
録音種別
MONO


初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」
初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」

ジャケット状態
M-
レコード状態
M-
製盤国
GB(イギリス)盤

1954年。名演、名盤、優秀録音。

GB  DEC  LXT5044 フェラス&ミュンヒンガー … GB  DEC  LXT5044 フェラス&ミュンヒンガー …

ORANGE WITH GOLD LETTERING, FLAT MONO, 220g, Release 55/10, Stamper 1A/1A。

品番 34-13972
販売価格 35,000 円(税別)

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。「クレジットカード決済」「銀行振込」「代金引換」に対応しております。

入手のメインルートは、英国とフランスのコレクターからですが、その膨大な在庫から厳選した1枚1枚を大切に扱い、専任のスタッフがオペラなどセット物含む登録商品全てを、英国 KEITH MONKS 社製マシンで洗浄し、当時の放送局グレードの機材で入念且つ客観的にグレーディングを行っております。明確な情報の中から「お客様には安心してお買い物して頂ける中古レコードショップ」をモットーに運営しております。

Back To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。