協奏曲 通販レコード

赤ステ初出盤◆濃厚なロマンティシズム リヒテル ヴィスロッキ指揮ワルシャワ国立フィル ラフマニノフ ピアノ協奏曲2番

通販レコードのご案内壮大なスケール感と彫りの深さ、ロシア的な力強い詩情とほの暗いパッション。

DE DGG SLPM138 076 リヒテル・ヴィスウォツキ・ワルシャワフィル ラフマニノフ p協2番(alle hersteller190gフラット重量盤初出)《独初期チューリップ赤ステ盤》DE DGG SLPM138 076 リヒテル・ヴィスウォツキ・ワルシャワフィル ラフマニノフ p協2番(alle hersteller190gフラット重量盤初出)

 ラフマニノフ自身の演奏を別にすれば、これほど作品の本質に迫った演奏はないだろう。第1楽章のスケールの大きさ、部厚い和音にいっぱいの心をこめてルバートを多用しつつ弾き進め、あらゆる部分が音楽に溢れている。これほど雰囲気豊かな演奏も少ないだろう。第2楽章は全曲中の白眉である。曲自体、甘美な失恋のやるせなさが心にうずくようであるが、そのような情感を他の誰よりも実際の音に託しているのがリヒテルなのだ、聴いていて何とも言えず淋しくなってしまう。暗い情緒がむせび、救いようもなく訴えかけてくるからである。
 フィナーレについては第1楽章と同じことが言えるが、ここでは生きたリズムと、氷のように冴えたタッチが殊更印象的だ。ヴィスロツキの指揮もリヒテルのピアノにぴたりと合わせ、遅いテンポによる雄大さと、暗い粘りの表情が見事だ。特に第2楽章がピアノと一体になった名演中の名演である。壮大なスケール感と彫りの深さ、ロシア的な力強い詩情とほの暗いパッション。
 リヒテルのこの演奏は、これらの要素が高次元で混然一体となった驚くべき例であろう。彼のラフマニノフへの並々ならぬ思い入れが、全楽章を通じてどっしりと伝わってくる名演であり、とくに第2楽章に現れた奥深いメランコリーなど、聴き手の胸を打ってやまぬところとなっている。すべてが深く大きく量感に満ちたラフマニノフ。名演・名盤がせめぎ合う現在もなお、屈指の輝きを放っている。

 この名ピアニストの独奏で聴くラフマニノフのなんという美しさ、身も世もない定めなき情緒とむせび泣きの切なさは極めて不健康ではあるが、これこそラフマニノフの魅力なのだ。秋雨に煙る抒情。これからの秋の夜長を一人しみじみと聴くに何と相応しいレコードであろうか……

 スケールが大きいと同時に細かいパッセージまで明確に演奏されているし、濃厚なロマンティシズムとみずみずしいリリシズムの双方が完全に表現されている。リヒテルのピアノ演奏は、その内面からくる音楽解釈の深さと卓越した技巧により常に私たちを魅了し続けており、現在でも多くの音楽ファンは楽曲の本質的な演奏をリヒテルに求めています。
 リヒテルが初めて西側のステージに上がる前、まだ名前のみ知られる存在だった1956年、ドイツ・グラモフォンはプラハに赴き、リヒテルによるシューマンのソロ作品(シューマンの「森の情景」ほか)を録音しました。この録音が大成功だったため、さらにリヒテルのレコードを作りたいと考えましたが、当時リヒテルは西側への演奏旅行をまだ許されておらず、1958から59年、録音チームをワルシャワに送り、協奏曲も含むステレオLP3枚分の録音を行ないました。
 その中に含まれていたのがスタニスラフ・ヴィスロッキ指揮ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団とのラフマニノフのピアノ協奏曲第2番で、発売以来、この曲の理想的な演奏として一度もカタログから消えたことのない名盤と称されています。
 ゆったりとした大河のような雄大な流れの中に、刻々の表情の移ろいを見せる曲の推移に、リヒテルのピアノとヴィスロッキの指揮は何と巧みに沿っていることか。作品の再現というよりは、演奏者たちによって、はじめて曲に生命が吹き込まれたように、熱く深く圧倒的な演奏である。ラフマニノフはワルシャワ録音のわずか2ヵ月前のザンデルリンク指揮レニングラード・フィルとのメロディア録音がありましたが、演奏内容自体は互角としてもドイツ・グラモフォン盤は何といっても鮮明なステレオ録音であることに圧倒的な分があります。
 ドイツ・グラモフォンのアナログ録音を代表する名エンジニア、ハインツ・ヴィルトハーゲンが録音を手掛けてるのも大きなポイントでドイツ・グラモフォンお得意のコンサート・プレゼンス的視座の中で、ピアノや管楽器のソロなどが過不足なくバランスされているのです。

1959年4月26日〜28日(協奏曲)〜5月2日ワルシャワ、フィルハーモニー・ホールでのステレオ・セッション録音。

通販レコード詳細・コンディション、価格

プロダクト

レコード番号
SLPM138 076
作曲家
セルゲイ・ラフマニノフ
演奏者
スヴャトスラフ・リヒテル
オーケストラ
ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団
指揮者
スタニスラフ・ヴィスロツキ
録音種別
STEREO
TULIP。
DE DGG SLPM138 076 リヒテル・ヴィスウォツキ・ワル…
DE DGG SLPM138 076 リヒテル・ヴィスウォツキ・ワル…

コンディション

ジャケット状態
M-
レコード状態
M-
製盤国
DE(ドイツ)盤


通販レコード

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。

  • オーダー番号34-22536
  • 販売価格6,000円(税別)

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。プライバシーに配慮し、会員登録なしで商品をご購入いただけます。梱包には無地のダンボールを使用し、伝票に記載される内容はお客様でご指定可能です。郵便局留めや運送会社営業所留めの発送にも対応しております。

初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」

入手のメインルートは、英国とフランスのコレクターからですが、その膨大な在庫から厳選した1枚1枚を大切に扱い、専任のスタッフがオペラなどセット物含む登録商品全てを、英国 KEITH MONKS 社製マシンで洗浄し、当時の放送局グレードの機材で入念且つ客観的にグレーディングを行っております。明確な情報の中から「お客様には安心してお買い物して頂ける中古レコードショップ」をモットーに運営しております。

Back To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。