協奏曲 通販レコード

録音が非常に優秀★アルゲリッチ アバド指揮ベルリン・フィル プロコフィエフ・ピアノ協奏曲3番、ラヴェル・ピアノ協奏曲

通販レコードのご案内アルゲリッチのピアノは静かに穏やかにセンチメンタルな表現で賑やかさの裏の淋しさを見事に表現している。

GB DGG 139 349 アルゲリッチ ラヴェル・ピアノ協奏曲《英ブルーライン盤》GB DGG 139 349 アルゲリッチ ラヴェル・ピアノ協奏曲 アルゲリッチの猛烈な打鍵がひたすら心地良いダイナミックな名盤。まだ若かったアバドも元気な伴奏をつけており、当時、カラヤンのもとではスタイリッシュでゴージャスなサウンドを聴かせていたベルリン・フィルも、ここではまさにパワー全開です。ラヴェル、プロコフィエフともに強烈な仕上がりですが、作品との相性ではやはりプロコフィエフでしょう。全編息きつくヒマもない緊迫感が快適です。

通販レコード詳細・コンディション、価格

プロダクト

レコード番号
139 349
作曲家
モーリス・ラヴェル
演奏者
マルタ・アルゲリッチ
オーケストラ
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮者
クラウディオ・アバド
録音種別
STEREO
BLUE LINE, STEREO 1枚組(130g), Release 1967。
GB DGG  139 349 アルゲリッチ ラヴェル・ピアノ協奏曲
GB DGG  139 349 アルゲリッチ ラヴェル・ピアノ協奏曲

コンディション

ジャケット状態
EX
レコード状態
EX
製盤国
GB(イギリス)盤

《ブルーラインラベル》外周が青の二重線で囲まれたものです。

通販レコード

詳細の確認、特別価格での購入手続きは品番のリンクから行えます。

 
オーダーは 品番 / 34-14417
特別価格 2,640円(税込)
通常価格 3,300円(税込)

「クレジットカード決済」「銀行振込」「代金引換」に対応しております。


 ラヴェルはもちろん、プロコフィエフがとても良い雰囲気に仕上がっている。現在でもこの2曲の最良の演奏の1つに挙げられる名盤。クラウディオ・アバドの指揮するオーケストラもダイナミックでアルゲリッチのピアノは静かに穏やかにセンチメンタルな表現で音色の変化、色彩感が良く出ていて、賑やかさの裏の淋しさを見事に表現しています。
 加えてオーケストラも歪み感は一切なく鮮明で、素晴らしい録音です。1967年録音。優秀録音。

【マルタ・アルゲリッチのプロフィール】
1941年生まれ、アルゼンチンのブエノスアイレス出身のピアニスト。
8歳の時に、公開の場でベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番ハ長調作品15を演奏。
1957年、ブゾーニ国際ピアノコンクールで優勝。
1965年、ショパン国際ピアノコンクールで優勝。
 ソロやピアノ協奏曲の演奏を数多くこなすが、後に室内楽に傾倒していく。レパートリーはバロック音楽から古典派、ロマン派、印象派、現代音楽までと非常に幅広い。マウリツィオ・ポリーニが優勝した5年後、ワルシャワで圧倒的な勝利を手にしたこのピアニストは、ドイツグラモフォンから、「いつでも好きな曲を録音していい」という破格の契約を提案されるほど保証されるとともに期待された。

通販レコードの購入にあたって・確認とお問い合わせは

プライバシーに配慮し、会員登録なしで商品をご購入いただけます。梱包には無地のダンボールを使用し、伝票に記載される内容はお客様でご指定可能です。郵便局留めや運送会社営業所留めの発送にも対応しております。

入手のメインルートは、英国とフランスのコレクターからですが、その膨大な在庫から厳選した1枚1枚を大切に扱い、専任のスタッフがオペラなどセット物含む登録商品全てを、英国 KEITH MONKS 社製マシンで洗浄し、当時の放送局グレードの機材で入念且つ客観的にグレーディングを行っております。明確な情報の中から「お客様には安心してお買い物して頂ける中古レコードショップ」をモットーに運営しております。

Back To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。