協奏曲 通販レコード

鍵盤上のヴァルキューレ★モニク・ド・ラ・ブリュショルリ モーツァルト・ピアノ協奏曲20番、23番

通販レコードのご案内 伝説のピアニスト・ブリュショルリの名高い名演。

DE eurodisc 70154KK モニク・ド・ラ・ブリュショルリ モーツァルト・ピアノ協奏曲《独ホワイト・ラベル黒文字盤》DE EURODISC 70154KK モニク・ド・ラ・ブリュショルリ モーツァルト・ピアノ協奏曲

 往年のフランスの名手、モニク・ドゥ・ラ・ブリュショルリは、残された商業録音が少なかったこと。その圧倒的なピアニズムで1960年代にヨーロッパ楽壇で一世を風靡した存在でしたが、1966年12月18日、ルーマニアでの楽旅の移動中に交通事故に遭い、51歳で引退したことから幻の名ピアニストとして生前から伝説的存在だった。
 幼くして目覚しい楽才を発揮し、1930年代後半から精力的に活躍、大変な人気を誇った存在でしたが、レコード録音を移動先で思いのままに出来た演奏家は ― カルーソー、ワンダ・ランドフスカ、ロッテ・レーマン ― 限られていた。ナチス・ドイツのパリ占領中の1943年5月14日に、アンドレ・クリュイタンス指揮パリ音楽院管弦楽団と共演したベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番が、最初のSP録音となったのですが発売を差し止められます。この頃、パリに軟禁状態にあったフランスの名手たちはベートーヴェンやモーツァルトなど独墺系の作品に素晴らしい演奏を示すことで、自国民を励ますとともに暗にナチスへのレジスタンスの意思を示しました。
 ベートーヴェンやモーツァルトは独墺だけのものでなく、世界共有の芸術遺産との考え方からです。しかも両者ともフランス革命から思想的に大きな影響を受けた作曲家でもありました。ジャック・ティボーはモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第5番やヴァイオリン・ソナタを録音、マルグリット・ロンはベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番《皇帝》を録音、発売しました。ティボーとロンがナチス占領下の1943年にロン=ティボー・コンクールを創設したのも、フランスの芸術文化の素晴らしさを示すことで、若手アーティストや自国民を励ますためでした。ブルショルリとクリュイタンスも、思いは同じだったと思われます。

彼女はヴァルキューレとなり、グランド・ピアノは軍馬となり、いまオクターヴ征討の戦いに進発する
(ヨアヒム・カイザー著、吉田仙太郎訳『現代の名ピアニスト』白水社刊)

 彼女の商業録音はLP初期の米VOXやオイロディスクのものが有名で、その名声に比して録音量は決して多いと言えず、ヨアヒム・カイザーの賛辞も今一つ実感されない嫌いがありました。
 モーツァルトは〝若き女神〟と称されたブリュショルリの、「ウィーンの笛時計」賞を受賞した名演中の名演としてアナログ時代に愛好されたもの。パウムガルトナー指揮のオーケストラとともにおおらかで瑞々しく湧き出るような音楽の喜びに溢れてる作品。思入れを込め過ぎずに、端正に弾きこなす、それでいて深みのある抒情性と高い格調を兼ね備えている、そうした演奏です。一音一音が明晰で、打鍵がしっかりしていて、繊細な表現力もありますので、言うならば『人生の深淵さ』を感じさせるような響きです。
 第20番 K.466では優しさと激しさの絶妙なバランス、第23番 K.488の幸福感と寂寥感をにじませた演奏も心憎い。パウムガルトナーの伴奏もソロに寄り添った慈愛に満ちたもので素晴らしい。ハスキルやリリー・クラウスも名演奏に違いありませんが、ブリュショルリの演奏は特に自然体で暖かく、しかも得も言われぬ雰囲気があって素敵です。20番はやはりハスキルの響きに魅力を感じるが、23番は底抜けなオーケストラの響きが曲にあっている。その明るい大雑把な響きに、活を入れ込むようなブリュショルリのピアノがびしびし決まりスカッとしたテンポで流れるのもいいもんだと思った。モーツァルトの光と影、優しさと激しさを見事に表現したブリュショルリのかけがえのない名演。あなたはどう感想を持つのでしょうか。
 ブリュショルリに興味がある人はもちろん、広くピアノを愛する人に聞いてほしいレコードです。

録音:1961年3月10~12日、ザルツブルク

通販レコード詳細・コンディション、価格

プロダクト

レコード番号
70154KK
作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
演奏者
モニク・ド・ラ・ブリュショルリ
オーケストラ
カメラータ・アカデミカ・ザルツブルク
指揮者
ベルンハルト・パウムガルトナー
録音種別
MONO
WHITE WITH BLACK LETTERING, MONO (140g)。

販売レコードのカバー、レーベル写真

DE eurodisc 70154KK モニク・ド・ラ・ブリュショル…
DE eurodisc 70154KK モニク・ド・ラ・ブリュショル…

コンディション

ジャケット状態
EX
レコード状態
EX
製盤国
DE(ドイツ)盤


通販レコード

詳細の確認、特別価格での購入手続きは品番のリンクから行えます。

 
オーダーは 品番 / 34-16783
特別価格 1,760(税込)
通常価格 2,200(税込)

モニク・ドゥ・ラ・ブリュショルリ Monique de la Bruchollerie (1915〜1972):パリで生まれたブリュショルリは代々が音楽家として一家をなして来ました。コルトーやザウアーに師事した後、ショパン・コンクールやエリーザベト王妃コンクールに入賞。第二次世界大戦中はシュルル・ミュンシュが指揮するパリ音楽院管弦楽団との共演を繰り返し、情熱あふれる演奏で「ピアノの女王」として遇されました。
戦後は世界を舞台に演奏旅行を行ない、1966年に来日して岩城宏之が指揮するNHK交響楽団と共演したサン=サーンスは、オールド・ファンの間で語り草になっています。しかし同年、ルーマニアで交通事故に遭い左手を負傷。晩年はピアノ教師としての人生を歩みました。ブルショルリは現在活躍している大家シプリアン・カツァリスの先生にあたります。現代ピアノ界に彼女の音楽的遺伝子はしっかりと受け継がれています。

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。プライバシーに配慮し、会員登録なしで商品をご購入いただけます。梱包には無地のダンボールを使用し、伝票に記載される内容はお客様でご指定可能です。郵便局留めや運送会社営業所留めの発送にも対応しております。

初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」

入手のメインルートは、英国とフランスのコレクターからですが、その膨大な在庫から厳選した1枚1枚を大切に扱い、専任のスタッフがオペラなどセット物含む登録商品全てを、英国 KEITH MONKS 社製マシンで洗浄し、当時の放送局グレードの機材で入念且つ客観的にグレーディングを行っております。明確な情報の中から「お客様には安心してお買い物して頂ける中古レコードショップ」をモットーに運営しております。

Back To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。