交響曲 通販レコード

雰囲気豊かな疑似ステレオ盤〝バイロイトの第9〟 シュヴァルツコップ、フルトヴェングラー、バイロイト祝祭管

通販レコードのご案内この録音にも無限の価値がある。

JP 東芝音楽工業(赤盤) AA7135-6 フルトヴェングラー/バイロイト祝祭管弦楽団 ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱」エレクトローラ・ブライトクランクシリーズ《エレクトローラ・ブライトクランクシリーズ》JP 東芝音楽工業(赤盤) AA7135-6 フルトヴェングラー/バイロイト祝祭管弦楽団 ベートーヴェン 交響曲第9番作品125「合唱」 60年以上たった現在でも繰り返し再販されている、人類の遺産とも称される歴史的名盤。第二次世界大戦後、初めてバイロイト音楽祭が再開された初日に演奏された記念すべきライブ録音であり、ベートーヴェン第9のまさに決定盤として君臨し続ける不朽の名盤です。

1951年7月29日、バイロイト祝祭劇場での録音、プロデュース&エンジニア:ウォルター・レッグ
エレクトローラ・ブライトクランクシリーズ
20世紀を代表する巨匠、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(1886~1954)の録音は、すべてステレオLPが開発される1958年以前のもので、商業録音に関してはモノラル録音しか残されませんでした。1960年代にステレオLPが全盛期を迎えたとき、フルトヴェングラーの音源を所有する各レコード会社は、彼のモノラル録音のステレオ化を試みました。中央に集中するモノラルの音像を電気的に処理し、今日でいうサラウンドのような拡がりをもたせたものでした。EMI系の音源は、巨匠没後10年の1964年にドイツ・エレクトローラ社が「ブライト・クランク」と名付けた方式でステレオ化しました。このようなステレオを本来のステレオを区別するために「疑似ステレオ」と呼んでいます。
フルトヴェングラーの主要な録音はドイツ・エレクトローラ社のブライト・クランクによって疑似ステレオ化され、特にLP時代は広く普及していました。
カラヤンのように録音が大好きで、新しい技術に目がなく、貪欲だった指揮者と自身の録音をモニタールームで聴いていて、みるみるうちに機嫌が悪くなったという指揮者とは録音に向かう意識は全く違うとの市井の声はありますが、〝バイロイトの第9〟をきっかけにシフトを切り替えた、1953,54年のザルツブルク音楽祭ではフルトヴェングラー自身の提案によって、ステージ左右にセットされた3本ずつのマイクを通じて2チャンネルで収録されていた。マスターテープのスピードは76cm/秒(2トラック)で、録音エンジニアは巨匠の娘婿にあたるアルフレッド・クンツである。その「実験的」ステレオ録音は複数のテープレコーダーで録音された2チャンネル・レコーディング=ステレオ録音です。それら続々と実現していれば、この「ブライト・クランク」は実現しなかったか。ところがこの年、肺炎により死去。商業録音でフルトヴェングラーのステレオ録音は未到達に終わりました。

通販レコード詳細・コンディション、価格

プロダクト

あまりにも有名な人類がいたという証となるライヴ。

レコード番号
AA7135-6
作曲家
ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
演奏者
エリーザベト・シュヴァルツコップ エリーザベト・ヘンゲン ハンス・ホップ オットー・エーデルマン
オーケストラ
バイロイト祝祭管弦楽団
指揮者
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー
録音種別
STEREO
東芝音楽工業製「エレクトローラ・ブライトクランク」ステレオ盤, 170g重量盤, 一面に1楽章を割り当てた余裕の2枚組, ドイツ・エレクトローラ同一スタンパー 2ZRA 使用盤。1970年以降製造中止の「赤盤」。

販売レコードのカバー、レーベル写真

JP 東芝音楽工業(赤盤) AA7135-6 フルトヴェングラー/バ…
JP 東芝音楽工業(赤盤) AA7135-6 フルトヴェングラー/バ…

コンディション

ジャケット状態
EX
レコード状態
M-
製盤国
JP(日本)盤

解説書で詳細に説明していますが「音の指向性」という特徴づけられている「疑似ステレオ」とは範疇を異にするものと定義しています。確かに自然なフルトヴェングラーのステレオ音刻まれています。

通販レコード

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。
 
オーダーは 品番 / 34-25712
販売価格 4,000円(税込)


初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」
初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」
 スタジオで録音された演奏で有名なものに同じ英EMIからリリースされている晩年のトリスタンとイゾルデが有りますが、録音を目的に行われた演奏であるから、演奏の記録ではなく、記録のための演奏だと思いますが、このバイロイト盤は違う。録音は、演奏の記録以上のものにはなり得ないのである。そのことは恐らく、フルトヴェングラー自身が一番良く分かっていたでは。
 演奏家の芸術作品は、記録以上のもので後世に伝えられることは絶対にないと信じます。それでも尚、単なる記録に過ぎないものですら、多くの人々を感動させることの出来るフルトヴェングラーという芸術家は、真に偉大な巨人であろうと思います。であるから、この録音にも無限の価値があるのである。

“バイロイトの第9”は、演奏の記録ではなく、記録のための演奏でもなかった。

 世界一有名なバイロイトの第九です。宇宙のずっと遠くへ放たれた観測衛星ヴォイジャーに載せられたディスクに人類の音楽芸術の最高の演奏として選ばれた録音。1951年7月29日、バイロイト祝祭劇場でのライヴ録音。通称「バイロイトの第九」この録音に関しては賛否ありますが、個人的には大好きな演奏です。フルトヴェングラーが振ったから…、大戦後初のバイロイト音楽祭だから…、いろいろを考えさせられる演奏ですが、どうであれ芸術ってこういう事を言うんではないでしょうか?
 まるで、夏空の花火の様 ― 大輪の花を咲かせて一瞬にして消えてしまう ― この時代の、この演奏者の、この会場がそういう素晴らしい演奏を花開かせ一瞬にして消える。これが、この第九の素晴らしだと考え至りつつあります。夏空の花火が大輪の花を咲かせて、一瞬にして消えてしまう。聴き手も息を詰めて、そのタイミングを見つめている。バイロイトの第九はそういうものに思う。リハーサルを含めて3回の録音が残っているというから、それでも崩壊寸前のクライマックスを選んだのは、ライヴの緊迫を際立たせる演出だったのではないだろうか。
 録音こそ誰もが知っている1951年のバイロイト音楽祭の前夜祭でのライヴですが、発売されるまで何年も後です。本来はカラヤン指揮のワルキューレのライヴ録音プロジェクトでマイクセッティングのテストにテープを回していたものでした。それが結果、地球の宝になったのは、発売予定だったカラヤン指揮のワルキューレが第3幕だけの発売で終わったことで実現したものです。レコードは最初、演奏後の拍手もそのままに発売。擬似ステレオ盤が発売された時には最後の拍手はなかった。その後、日本での発売では《足音付き》のコピーが踊った。フルトヴェングラーが指揮台に立つ時の音だと言われた。が、演奏前の挨拶の後の音であるらしい。録音セッションは正式に行われたものでなかったし、実際本番の録音でなく、観客を入れてのリハーサルの演奏も使われている。その音は彫りが深く、各楽器の詳細な音の動きも聞き取れ、独唱は輪郭のしっかりした明瞭さで合唱も歪み感を感じません。レコード発売を目的に録音されるために演奏されたものだったらば、その時点で整音がされていたでしょう。スタジオで録音された演奏で有名なものに同じ英EMIからリリースされている晩年のトリスタンとイゾルデ が有りますが、録音を目的に行われた演奏であるから、演奏の記録ではなく、記録のための演奏だと思いますが、このバイロイト盤は違う。“バイロイトの第九”は、演奏の記録ではなく、記録のための演奏でもなかった。フルトヴェングラーは《バイロイトの第九》の録音を聞くことはなかった。マイクが立っていたことはわかっていただろう。翌日以降に行われる憎々しいあいつのためだと。フルトヴェングラーは演奏後、カラヤンと顔を合わせることになると嫌だからとさっさとバイロイトを後にしています。だから録音は、演奏の記録以上のものにはなり得ないのである。そのことは恐らく、フルトヴェングラー自身が一番良く分かっていたではなかろうか。しかし、万全のレコーディングが準備されていたとしてもカラヤンのシベリウスのような物事も起こるし、このレコードでもリハーサルを録音したもので補っている部分がどういう判断でなされたのはレッグに尋ねる以外にないでしょう。
 録音は、演奏の記録以上のものにはなり得ないのである。でも演奏家の芸術作品は、記録以上のもので後世に伝えられることは絶対にないのです。フルトヴェングラーは「音楽における客観とは、音楽と精神、精神と音楽が結び付いてひとつになった時に起こるのである」といっています。それ故に、崩壊寸前のクライマックスを選んだのは、ライヴの緊迫を際立たせる演出だったのではないだろうか。

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。プライバシーに配慮し、会員登録なしで商品をご購入いただけます。梱包には無地のダンボールを使用し、伝票に記載される内容はお客様でご指定可能です。郵便局留めや運送会社営業所留めの発送にも対応しております。

初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」

入手のメインルートは、英国とフランスのコレクターからですが、その膨大な在庫から厳選した1枚1枚を大切に扱い、専任のスタッフがオペラなどセット物含む登録商品全てを、英国 KEITH MONKS 社製マシンで洗浄し、当時の放送局グレードの機材で入念且つ客観的にグレーディングを行っております。明確な情報の中から「お客様には安心してお買い物して頂ける中古レコードショップ」をモットーに運営しております。


Back To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。