器楽曲 室内楽曲 通販レコード

魅力の源泉*濡れたような音色 シモン・ゴールドベルク ラドゥ・ルプー モーツァルト・ソナタK.379&K.547

通販レコードのご案内ゴールドベルクのヴァイオリンには愛情が目一杯滲みでていて、幸せな気持ちになれます。

GB DECCA SDD517 ゴールドベルク&ルプ モーツァルト・ヴァイオリンソナタK.379/K.547《英Ace of Diamonds盤・オリジナル》GB DECCA SDD517 ゴールドベルク&ルプ モーツァルト・ヴァイオリンソナタK.379/K.547 苦難に満ちた生涯を送りつつも、シモン・ゴールドベルクは終生微笑を忘れぬ人であった。人に対し、物事に対し節度を持って丁寧に接した。言葉少なく、静かにあたりを包むような温容、彼という人の風韻には、彼の音楽に響く侵し難い品位が滲み出ている。
 自らを無にしていくほどに存在感を増していくゴールドベルク。実際、ゴールドベルクの調べに身を浸していると、聴いている自分の心まで美しく、優しくなったような気になってくる。一番近しい他人である「妻」の看病に天与の才能を、あっさり棚上げにすることは簡単に出来るものではないが、そうした利他の行為がゴールドベルクの魂をますます輝かせ、演奏に光と力を与えたのだ。
 時流に翻弄されたゴールドベルクであるが、演奏は端正にして透明、そこはかとなく気品を湛える。同時代の巨匠の録音と聴き比べた時、微塵も懐メロ的古さを感じさせない音楽造りは驚異的。この人は数十年向こうの時代を先取りしていた音楽家であった。

 シモン・ゴールドベルクはポーランドのウォクワウェク生まれ。ベルリンで名教師カール・フレッシュに入門。12歳でデビューし、29〜34年の間フルトヴェングラーの下でベルリン・フィルのコンサートマスターを務めた。ユダヤ系だったためナチスの迫害を避けて英国に逃れ、リリー・クラウスとデュオを組んで東南アジアなどを演奏旅行していたが、ジャワ島で53年にアメリカ国籍を取得し楽壇に復帰後、55年にオランダ室内管弦楽団カーチス音楽院で後進を指導した。日本軍に捕らえられ2年半の捕虜生活を送る。を結成。音楽監督、ソリストとして活躍する傍らピアニストの山根美代子と結婚し、87年から日本に定住。新日本フィルの指揮者となり実に懐の深い音楽を聴かせた。静養先の富山県で急性心不全のため死亡。
 2年半を過ごした収容所の過酷な状況のなかでも、彼の高貴な人柄は捕らわれの身の人々に失いかけた人間の尊厳を気付かせる光であったと生存者の間で今だに語り継がれていると聞く。彼が亡くなった後、訃報に接したあるオランダ人科学者が新聞に寄稿した記事があった。
「ゴールドベルク氏と同じ収容所に入れられていた私は10歳だった。皆のために彼が演奏してくれたバッハの無伴奏ソナタを、私は彼の膝に顔がつく程近くで、蹲って聴いた。それは、この世に至純の美しさが存在することを知るきっかけであった。長じて私はヴァイオリンを嗜み、私の息子も孫もヴァイオリンを愛でている。収容所の生活状況がいよいよ悪化し、音楽など許されなくなってからも、強制作業中、小さな棒杭を右手に持ち指と手首をきれいに動かし「練習」しながら歩いていた彼の姿を今も憶えている ―― 彼の澄んだ眼差しが優しかったことも。ゴールドベルク氏は、子孫に伝えていく尊いものとは何かを私に教えてくれた人である。」
 ゴールドベルクにとって生きていくことの課題とは、一日一日がどのように次の日へと充実した繋がりを持つかであり、重い過去も、体験でこそあれ、そこへの執着はなかった。生涯衰えることのなかった探求心は、彼にとって生きることへの情熱であり、音楽の分野に留まらず、人類が育んだ幾多の叡智を探求し、人間とは、音楽とは何かをその深層において把握することに熱中し、ひたすら勉強がおもしろく、好きであった。そして第二次世界大戦終結の日が漸く訪れ、多くの人々の手を経て奇跡的に隠し守られていたヴァイオリンも彼を待ち迎えたのであった。
 1955年、オランダ政府の要請によりオランダ室内楽団を結成。ヴァイオリニスト、音楽監督、常任指揮者として22年間に3,000曲を越える作品を通じて彼の音楽は、力強く、独自の光彩を放ち、その密度の高さをもって人々を魅了し続けた。
 彼は「教会の建設に携わる石工の意識には2通りある。『石を積んでいる』と『大聖堂を建てている』。音楽家はもちろん、後者であるべきだ。つねに聴衆の一歩先を行き、啓蒙する義務が私たちにはある」と語り、自身の演奏に課した信仰としていた。ゴールドベルクは自己に厳しい人で、端正なだけの人でなかった。普段は内に秘めている情熱が一挙に爆発するハイドンの協奏曲の第1楽章は、ゴールドベルク自身も「納得できた録音」と常々美代子夫人に語っていたという。
 ピアニストのリリー・クラウスとはデュオを組んでソリストとしての演奏を精力的に続け、その本セット同一曲は世界の中古盤市場では高値安定。入手困難盤。ステレオ時代なってからはラドゥ・ルプーとの共演によるこのモーツァルト全集やシューベルトのソナタの録音が名盤として、今日でも評価が高い。
 ルプーが青年期にリーズのコンクールで優勝したとき、審査員の一人であったゴールドベルクは彼の才能に大変な共感をもち、その後モーツァルトのヴァイオリン・ソナタ全曲のレコーディングを初め、シューベルトなど、若いルプーとの共演を沢山している。若いルプーが壮年のゴールドベルクから長いレコーディング・セッションを通して学んだことは何物にも代え難く、その後の彼の音楽に接する姿勢、楽譜を読み透していく力などの大きな柱となっていると、彼のゴールドベルクに対する限りない尊敬と思慕の混ざった暖かい想いを語っている。
 SP時代にリリー・クラウスとのコンビで伝説的なモーツァルト録音を残しているゴールドベルクが、「世界最高のリリシスト」ルプーとのコンビでふたたびモーツァルトを取り上げたこのアルバムは、1973年から翌年にかけてロンドンで開かれた全曲演奏会の大成功を受けてデッカによりレコーディングされたもので、初登場以来あらゆる賛辞を受け続けている名盤です。
 ルプーの清潔なフレージングと軽やかなリズム感、明快なタッチが紡ぎ出す音楽はまさに「リリシズム」の極地。このピアニストのレコーディングの中でもひときわ評価が高いことにも納得の素晴らしさです。しかし、それ以上に素晴らしいのがゴールドベルクのヴァイオリンです。第二次大戦後は指揮活動にも積極的だった彼だけに、ピアノとのアンサンブルに以前にも増して息の合ったアプローチを示していることは当然としても、音色の艶や表現のみずみずしさ、端正な造型の美しさがまったく失われていないことは驚異的といいたいところ。
 その熟練ぶりと感覚的なうるおいとの美しい統一こそ、この演奏が多くのモーツァルティアンを魅了し続けている魅力の源泉なのでしょう。なお、ゴールドベルク本人は、リリー・クラウスとの録音よりも、このルプーとのデッカ盤の方が気に入っていたということです。ステレオ録音。

1974年5月、9月ロンドン、キングスウェイホールで録音。プロデューサーとエンジニアは、クリストファー・レイバン&フィリップ・ヴァーデ。
■ステレオ録音、優秀録音、名演、名盤。

通販レコード詳細・コンディション、価格

プロダクト

GB DECCA SDD517 – Szymon Goldberg, Radu Lupu – MOZART – Violin Sonatas

レコード番号
SDD517
作曲家
ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト
演奏者
シモン・ゴールドベルク ラドゥ・ルプ
録音種別
STEREO
Ace of Diamonds/Small Label ORIGINAL, STEREO 1枚組(130g), Release 1978, Stamper 4W/3A。

販売レコードのレーベル写真

GB DEC SDD517 ゴールドベルク&ルプ モーツァルト・ヴァ…
GB DEC SDD517 ゴールドベルク&ルプ モーツァルト・ヴァ…

コンディション

ジャケット状態
EX
レコード状態
M-
製盤国
GB(イギリス)盤

通販レコード

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。
 
オーダーは 品番 / 34-22170
販売価格 6,600円(税込)


 シモン・ゴールドベルクとラドゥ・ルプーのモーツァルト・ヴァイオリン・ソナタ集は、評論家の福島章恭氏が五ツ星をつけた名盤です。氏も同じてくれる太鼓判である事でしょう。変ロ長調のソナタにはグリュミオーの憧れに満ちあふれた録音があって、良く放送で使用していた頃に直接電話がかかって来ていろいろな演奏を聴き集めているというリスナーから繰り返しの放送を希望された事がありました。その頃までは正直、モーツァルトのヴァイオリン・ソナタを意識的に聞いていなかった事に気がつきました。
 思えばモーツァルトも優れたヴァイオリニストであった。ピアノ・ソナタを聴く時間はとても幸福な時間ですが、それ以上にピュアな時間が流れ出します。ヴァイオリンとピアノ、モーツァルトの時代はオブリガート付きのソナタと言われていて、ヴァイオリン・ソナタと言うとヴァイオリンが立ち役の様に感じさせます。ヴァイオリンとピアノが対話を交わすという様子では無く寄り添った音楽。全集録音を成したゴールドベルクとルプーのとても幸福な時間も共有できている様に感じさせる稀な名盤。

五ツ星では足りない位。

 リリー・クラウスとのコンビで名高い名ヴァイオリニスト、シモン・ゴールドベルクと若き天才ルプがデッカに録音したモーツァルトのヴァイオリン・ソナタ全曲集(現在では第24番から第43番までの番号が付いている内、16曲の選集 ― ソナタ 第24番 ハ長調 K.296、第25番 ト長調 K.301(293a)、第26番 変ホ長調 K.302(293b)、第27番 ハ長調 K.303(293c)、第28番 ホ短調 K.304(300c)、第29番 イ長調 K.305(293d)、第30番 ニ長調 K.306(300l)、第32番 ヘ長調 K.376(374d)、第33番 ヘ長調 K.377、第34番 変ロ長調 K.378(317d)、第35番 ト長調 K.379(373a)、第36番 変ホ長調 K.380(374f)、第40番 変ロ長調 K.454、第41番 変ホ長調 K.481、第42番 イ長調 K.526、第43番 ヘ長調 K.547 ― です。)より、K.379&K.547の2曲。ゴールドベルク本人はリリー・クラウスとの録音よりもルプとのこの録音の方を気に入っていたということです。1枚ものはAce of Diamondsシリーズが初版となります。

 第40番 変ロ長調 K.454 は、ハイフェッツが録音したSP盤では第15番となっていた。シモン・ゴールドベルクとラドゥ・ルプーも、全3楽章揃った16曲を録音。第31番、第37〜39番は断片しかモーツァルトの楽譜が残ってないし、第17番から23番までは偽作と明らか、第16番までは作品1、2として8歳の時に出版され父、レオポルトが影響している。
 「何もしていないように見える演奏」と「何もしていない演奏」というのとは同じようですが、その実態は天国と地獄の格差があります。女性ハーピストの滑らかな指の動きや涼やかな上半身に気を取られて、ふわっと広がったドレスの裾の中で激しくペダルを踏み変えて調整を変えていく足の動きは水面では優雅で水の中は激しく水掻きを動かしている白鳥に例えられます。
 シモン・ゴールドベルグの演奏は、演奏家が己というものを前面に押し出すことなく、それでいながら作品の本質はしっかりとつかまえて過不足なく表現している。このゴールドベルグの演奏は実に淡々としていて、何もしていないようにすら思えるほどなのですが、じっくりと聞いているとその奥から深い情緒がにじみ出してくる演奏であることに気づかされます。

詳細の確認、購入手続きは品番のリンクから行えます。プライバシーに配慮し、会員登録なしで商品をご購入いただけます。梱包には無地のダンボールを使用し、伝票に記載される内容はお客様でご指定可能です。郵便局留めや運送会社営業所留めの発送にも対応しております。

初期盤・クラシックレコード専門店「RECORD SOUND」

入手のメインルートは、英国とフランスのコレクターからですが、その膨大な在庫から厳選した1枚1枚を大切に扱い、専任のスタッフがオペラなどセット物含む登録商品全てを、英国 KEITH MONKS 社製マシンで洗浄し、当時の放送局グレードの機材で入念且つ客観的にグレーディングを行っております。明確な情報の中から「お客様には安心してお買い物して頂ける中古レコードショップ」をモットーに運営しております。


Back To Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。