バロック 管弦楽曲 通販レコード

モダン楽器のよさを満喫◉ミュンヒンガー指揮シュトゥットガルト室内管 バッハ・ブランデンブルク協奏曲 第3、5番

ドイツの伝統を踏まえたバロック音楽の演奏としては無視できない内容だ。  ブランデンブルク協奏曲第5番は第1楽章のフルートに柔らかく暖かい弦がらみながらのゆったりとした流れに、この曲の良さを実感します。  第2楽章での、フ […]

Continue Reading
管弦楽曲 通販レコード

名匠の芸術の集大成☆アンセルメ指揮ニュー・フィルハーモニア管 ストラヴィンスキー・火の鳥、リハーサル盤付き2枚組

アンセルメ&スイスロマンドはロシア音楽では定評がある。ハッキリ言って上手い!!!ロシアとは余り関係がないスイスの指揮者と楽団が???一地方の田舎者アンセルメが、第一次世界大戦中、スイスに亡命中のストラビンスキーと出逢い、これが縁となってロシア音楽をライフワークとして取り組むようになった事からか!!!ストラビンスキーが違う国に亡命していたら、この名演は幻と消えていたことでしょう!!!作曲家直伝の名盤。ゴリゴリしたエッジの効いた音が随所に聴かれます!!!アンセルメのニュアンスに富んだ表現はまさに絶妙である。作曲家の意図するニュアンスの表現は抜群である。繰り返し聴いても、聴き返す度に何かを発見させてくれます!!この貴重なアンセルメ最後の録音セッションは何時もの手兵スイス・ロマンド管ではなくニュー・フィルハーモニア管弦楽団録音ということ。1968年ロンドンきんPモールダーE:ケネス・ウィルキンソン豪華布陣。さらに本セットを価値あるものとしているのは本編よりも長い収録時間のリハーサル盤が添付された二枚組なのですから恐れ入ります。バレエ音楽を得意としていたアンセルメならではの舞台を意識した演奏で、こうした形での火の鳥全曲版としては最高の名盤と思います。静かな感動を思い出します。言葉で表現しにくいのですが、不思議な柔らかさがあって、この曲の魅力を倍加させているようです。アンセルメの全てが詰まった集大成盤と云えます・・・

Continue Reading
交響曲 管弦楽曲 通販レコード

古のオーストリアを思うのか – ブルーノ・ワルター コロンビア交響楽団 ブルックナー・交響曲4番「ロマンティック」

ワルター最晩年のステレオ録音で、力強く深みのある演奏の名演。優秀録音も相まって、金管の輝かしさは特筆ものです。全体にノイズはごくわずかで、米国初期盤では貴重な良コンディションです。

Continue Reading
管弦楽曲 通販レコード

♪時代を超えた名盤中の名盤☆超希少な初期盤 アンセルメ指揮スイス・ロマンド管 ストラヴィンスキー・ペトルーシュカ

1950年代後半~60年代前半までの国内初期盤はフラット盤も有り「キングスーパーアナログ盤」並みに180g前後と重く、深溝。ジャケットも丁寧にコーティング。後年再発盤は、時代と共にプレス機の仕様変更、コスト的にも当時の手作り的な手間をかけることが出来ず、ジャケットも簡素な味気ないカラーコピー的作りになってしまいました。音質も、当時の録音はアナログテープでしたから、60年以上も経過した昨今、当時の音質のまま残ってなどいる訳が無く、デジタル補正を繰り返し全く別の音質になってしまいました。英国オリジナル盤とまでいかなくとも、まだテープの経年劣化が少なく最近の再発盤よりはオリジナル盤に近いと。レコードは磁気テープと違い経年変化や劣化は無く、無傷であれば当時の音が其の儘楽しめる長所有り、プラスして半世紀前高価入手難欧米真空管オーディオ、プレーヤーも円高で入手し易くなり、聴くと半世紀前使用していた貧粗国内装置では再生し切れず「低評価に放置されていた国内最初期盤」に「こんな良い音刻まれていたのか!!!」と吃驚すると思います。まだマスターテープが新鮮で状態で制作・録音された時代と同じ空気を感じられるのが初期盤収集の楽しみ。アナログ的で引き締まった密度のある音と音色で、楽音も豊か。情報量が多く、対旋律の細部に至るまで明瞭に浮かび上がってくる。高域は空間が広く、光彩ある音色。低域は重厚で厚みがある。オーケストレーションが立体的に浮かび上がる。 モノクロではなくこんなにカラフルで立体的・・・・、ハンドメードの余韻が感じられます。是非英国オリジナル盤所有する方、比較試聴して頂きたい。往年のまさに定盤中の定盤として一世を風靡した盤の日本国内初出盤。半世紀以前制作盤とは思えない状態と豪華装丁には驚かれるとおもいます。今でも一級のオークションファイル盤であると断言できます。高価な英国デッカ盤に負けないと・・・

Continue Reading
管弦楽曲 通販レコード

『2001年宇宙の旅』のサントラ盤に使用◆ベーム指揮ベルリン・フィル R.シュトラウス・ツァラトゥストラはこう語った

通販レコードのご案内 録音当時へのタイムトラベルした気分になるのがカール・ベームの不思議な魅力だ。 《英ブルーライン盤》GB DGG SLPEM136 001 ベーム R.シュトラウス「ツァラトゥストラはこう語った」 カ […]

Continue Reading
バロック 管弦楽曲 通販レコード

モダン楽器のよさを満喫◉ミュンヒンガー指揮シュトゥットガルト室内管 バッハ・ブランデンブルク協奏曲 第3、5番

ドイツの伝統を踏まえたバロック音楽の演奏としては無視できない内容だ。  ブランデンブルク協奏曲第5番は第1楽章のフルートに柔らかく暖かい弦がらみながらのゆったりとした流れに、この曲の良さを実感します。  第2楽章での、フ […]

Continue Reading
管弦楽曲 通販レコード

ちょっと化粧の濃い豊満美人◉ストコフスキー指揮ロンドン響 リムスキー=コルサコフ シェヘラザード

グリューエンバーグのソロ・ヴァイオリンも表情たっぷり。 JP LONDON SLC-5001 ストコフスキー リムスキー=コルサコフ・シェヘラザード 同曲異演盤の中でも最も面白い演奏の一つ。第3楽章の王子と王女の語らいは […]

Continue Reading
管弦楽曲 通販レコード

アナログの再生では扱いやすいレコード – アンセルメ スイス・ロマンド管 ドリーブ・コッペリア(抜粋)&シルヴィア組曲

DECCA社の廉価版シリーズは、1960年前後に第1の廉価盤シリーズ「Ace of Clubs/Ace of Diamond」を発売します。その後、1970年代に入ると第2の廉価盤シリーズ「Eclipse」を発売します。そして、第3の廉価盤シリーズとして「The World of Great Classics」として「SPAシリーズ」を発売します。本盤は、その第3の「SPAシリーズ」なのですが、クラシック入門編といった趣で演奏者の全然違う録音を組み合わせた編集も多く、コレクション的には無価値ですが、例えばアンセルメの「悲愴」のリアルステレオは英国盤ではこのレーベルだけですし,同じくアンセルメのブラームスやシベリウスなどの珍しい録音もオリジナルに近い金属原盤を用いており、音質的にもSXLシリーズより僅かスッキリした感はありますが、DECCA社らしい高音質(HiFi)となっています。同じソースでも、SXLオリジナルの1/5~1/10程度の費用で入手できるので、コストパフォーマンスの高い盤としてオススメできます。また、今回のコレクションは、盤質が良好な盤が多いことも付け加えておきます。

Continue Reading
Back To Top