100人の大作曲家 あなたが選ぶクラシック音楽 名盤サロン 管弦楽曲 通販レコード

推進力と抒情美を兼ね備え☆幸福感に満ちた ケルテス指揮ロンドン響 ブラームス・セレナード第1番

テルアビブの海岸で散ったケルテスがもし44歳というこれからという時期に他界しなかったら、アバドや小澤世代のケルテスの存在は20世紀末の指揮者の勢力地図を大きく塗り替えていたろうと誰もが思うニキッシュに始まり、ライナー、フリッチャイ、オーマンディ、セル、ショルティと続くハンガリー指揮者界の栄誉を受け継ぐ期待のホープであったケルテス!!!!本盤もベストパートナーだったロンドン響と残してくれた逸品!!ホルンの名手、バリー・タックウェルも在籍していた当時のロンドン響は、技術はもちろん、表現力にもかなり高度なものがあり、また、英デッカの優秀な録音技術もあって、後年の交響曲への第一歩と思わせ、室内楽的書法から交響的書法への過度期的な存在のこのセレナーデをあたかも交響曲第0番として位置付けているかのように、この作品本来のロマンティックな味わいを出しています。重厚にして豪快なブラームスで、若々しさを感じさせるケルテス指揮下、ロンドン響がよく鳴っている。快感すら覚えます!!!

Continue Reading
100人の大作曲家 交響曲 名曲選 名盤サロン 通販レコード

DECCAの迫力ある音調☆若さの覇気の満ちた ケルテス指揮ロンドン響 ブルックナー・交響曲第4番《ロマンティック》

テルアビブの海岸で散ったケルテスがもし44歳というこれからという時期に他界しなかったら、アバドや小澤世代のケルテスの存在は20世紀末の指揮者の勢力地図を大きく塗り替えていたろうと誰もが思うニキッシュに始まり、ライナー、フリッチャイ、オーマンディ、セル、ショルティと続くハンガリー指揮者界の栄誉を受け継ぐ期待のホープであったケルテス!!!!本盤もベストパートナーだったロンドン響と残してくれた逸品!!ホルンの名手、バリー・タックウェルも在籍していた当時のロンドン響は、技術はもちろん、表現力にもかなり高度なものがあり、また、英デッカの優秀な録音技術もあって、この作品本来のロマンティックな味わいを出しています。重厚にして豪快なブルックナーで、若々しさを感じさせるケルテス指揮下、ロンドン響がよく鳴っている。

Continue Reading
100人の大作曲家 あなたが選ぶクラシック音楽 名盤サロン 管弦楽曲 通販レコード

推進力と抒情美を兼ね備え☆幸福感に満ちた ケルテス指揮ロンドン響 ブラームス・セレナード第1番

テルアビブの海岸で散ったケルテスがもし44歳というこれからという時期に他界しなかったら、アバドや小澤世代のケルテスの存在は20世紀末の指揮者の勢力地図を大きく塗り替えていたでしょう。ニキッシュに始まり、ライナー、フリッチャイ、オーマンディ、セル、ショルティと続くハンガリー指揮者界の栄誉を受け継ぐ期待のホープであったケルテス。管楽器に名手が多くいたロンドン響の見事な演奏を引き出しています。

Continue Reading
100人の大作曲家 あなたが選ぶクラシック音楽 名盤サロン 管弦楽曲 通販レコード

推進力と抒情美を兼ね備え☆幸福感に満ちた ケルテス指揮ロンドン響 ブラームス・セレナード第1番

テルアビブの海岸で散ったケルテスがもし44歳というこれからという時期に他界しなかったら、アバドや小澤世代のケルテスの存在は20世紀末の指揮者の勢力地図を大きく塗り替えていたでしょう。ニキッシュに始まり、ライナー、フリッチャイ、オーマンディ、セル、ショルティと続くハンガリー指揮者界の栄誉を受け継ぐ期待のホープであったケルテス。管楽器に名手が多くいたロンドン響の見事な演奏を引き出しています。

Continue Reading
100人の大作曲家 あなたが選ぶクラシック音楽 名盤サロン 管弦楽曲 通販レコード

推進力と抒情美を兼ね備え☆幸福感に満ちた ケルテス指揮ロンドン響 ブラームス・セレナード第1番

テルアビブの海岸で散ったケルテスがもし44歳というこれからという時期に他界しなかったら、アバドや小澤世代のケルテスの存在は20世紀末の指揮者の勢力地図を大きく塗り替えていたでしょう。ニキッシュに始まり、ライナー、フリッチャイ、オーマンディ、セル、ショルティと続くハンガリー指揮者界の栄誉を受け継ぐ期待のホープであったケルテス。管楽器に名手が多くいたロンドン響の見事な演奏を引き出しています。

Continue Reading
100人の大作曲家 あなたが選ぶクラシック音楽 名盤サロン 管弦楽曲 通販レコード

推進力と抒情美を兼ね備え☆幸福感に満ちた ケルテス指揮ロンドン響 ブラームス・セレナード第1番

テルアビブの海岸で散ったケルテスがもし44歳というこれからという時期に他界しなかったら、アバドや小澤世代のケルテスの存在は20世紀末の指揮者の勢力地図を大きく塗り替えていたろうと誰もが思うニキッシュに始まり、ライナー、フリッチャイ、オーマンディ、セル、ショルティと続くハンガリー指揮者界の栄誉を受け継ぐ期待のホープであったケルテス!!!!本盤もベストパートナーだったロンドン響と残してくれた逸品!!ホルンの名手、バリー・タックウェルも在籍していた当時のロンドン響は、技術はもちろん、表現力にもかなり高度なものがあり、また、英デッカの優秀な録音技術もあって、後年の交響曲への第一歩と思わせ、室内楽的書法から交響的書法への過度期的な存在のこのセレナーデをあたかも交響曲第0番として位置付けているかのように、この作品本来のロマンティックな味わいを出しています。重厚にして豪快なブラームスで、若々しさを感じさせるケルテス指揮下、ロンドン響がよく鳴っている。快感すら覚えます!!!

Continue Reading
Back To Top

Warning: file_get_contents(index.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/r0540933/public_html/fm.kobatoradio.info/wp-includes/plugin.php on line 437

Warning: file_get_contents(index.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/r0540933/public_html/fm.kobatoradio.info/wp-includes/plugin.php on line 437

Warning: file_get_contents(index.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/r0540933/public_html/fm.kobatoradio.info/wp-includes/plugin.php on line 437